体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルジェリアテロ被害者実名報道事件・本白水智也さんインタビュー「メディアに情報を渡すと、誰にでも起こる問題」

本白水智也さん

北アフリカのアルジェリアで発生したイスラム過激派によるテロ事件。政府部隊の強行攻撃により、石油・天然ガスプラントを建設する日揮で働く9名(2013年1月24日時点)を含む多くの犠牲者が出る最悪の事態になっています。当初、政府と日揮は亡くなった方の名前の公表を伏せていました。しかし、1月22日付朝日新聞朝刊には一名が実名で報じられました。

それに対して、情報を提供した本白水智也さんは自らのブログに抗議のエントリーを掲載。これがきっかけとなりマスメディアでの被害者の実名を報道することの是非を巡った議論が広がっています。

叔父を誇りに思います モトシロブログ
http://livemedia.jp/?p=1256

報道各社での実名掲載の後を追うように、政府も24日には犠牲者の実名を公開する方針になり、なし崩し的に認められる形になっています。そんな中、抗議の声を上げた本白水さんがどのように感じているのか、取材から記事掲載までの経緯や、報道される側の恐怖について語って頂きました。

――大変な中、お時間を頂きましてありがとうございます。まずは、アルジェリアでのテロにご親族が巻き込まれて、ブログを書かれた経緯を教えて下さい。

本白水智也さん(以下本白水):私は事件発生からずっとブログで経緯を公表していたのですが、なぜかというと日揮から出てくる情報が本当に少なくて、一日も早く安否が知りたい気持ちがある中、親族として会社側に情報開示を呼びかけるためだったのですね。

――それでは、はじめのうちは政府や日揮側に対してのものだったということですね。

本白水:今から振り返ると、政府も日揮も確たる情報を得ていなかったのでは、と思います。相当ハイレベルな情報戦が繰り広げられていたのではないかと。最初の日揮からの情報では、叔父の安否について「拘束された中には含まれていない。今は居住区に閉じ込められていて、そこで待機している。周辺にはテロリストが潜んでいて詳細は把握できないし助けにもいけない状況」というものでした。今はそれが未確認の情報だったと分かります。

その後、外国メディアの情報が錯綜しているのを受けて、日揮からは「私たちからの情報を信じて下さい。でも確実な情報は得ていません」というように伝えられていました。

――メディア側からの連絡はいつ頃からあったのでしょう?

本白水:ブログや『Twitter』経由で、数社の方から「話を聞かせてくれないか」という接触がありました。まだ政府や日揮からの公的な発表の前です。朝日新聞の記者に情報提供する上でお願いしたのは二点。叔父にも家族にも迷惑がかかるので、実名は出さないで欲しいということ。もう一つは記事にする際私に許可を取るということです。

1 2 3 4次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会