ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シンプルで使いやすい! ネットブックに似合うコンパクトなUSBテンキーボード

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

usb_tenkey

エレコムはネットブックやノートパソコン向けに、コンパクトなUSBテンキーボードを9月中旬より発売します。リーズナブルなスタンダードタイプ『TK-TCM003シリーズ』と、USB1.1対応ハブ機能を2ポート搭載した『TK-TCM004シリーズ』の2種類があり、いずれのシリーズも『Excel』などの表計算ソフトでの入力作業に適した仕様になっています。

『TK-TCM003シリーズ』は、カラフルなネットブックとの色あわせをしやすい、ピンク、シルバー、ブラック、ホワイトの4色のカラーバリエーションで展開。標準価格は1470円(税込み)とリーズナブルで、気軽に導入できるのもうれしいですね。

tk-tcm004-3

『TK-TCM004シリーズ』は、USB1.1対応のUSBハブ機能を2ポート搭載。マウスやUSBメモリなどバスパワーで動作するUSB機器を接続できるので、ノートパソコンで不足しがちなUSBポートを減らさずにテンキーボードを使用できます。こちらは、シルバー、ブラック、ホワイトの3色展開で、標準価格は2100円(税込み)です。

tk-tcm004-4

両シリーズともに、テンキーボードとしての基本機能に加えて『Excel』などの表計算ソフトでの入力時に便利な“Tabキー”と、数字入力に便利な“00”“BS”キーや電卓系のキー配列も装備。キーピッチは16mmと打ちやすく、キートップには大きく見やすいオリジナルフォントを使用しています。また、しっかりした押し心地ながらキータッチ音が小さいメンブレン方式を採用し、周囲の音が気になるモバイル環境での使用にも配慮されています。

さらに、テンキー入力のたびにNumRock機能がオンまたはオフに切り替わる“NumLock問題”もハードウェアで解決。対策ソフトのインストールなどは必要ありません。NumLock状態がテンキーボードで確認できるようにLEDランプも装備されているので、「あれ?」と思ったときには目で確認することもできます。

専用ドライバのインストールも不要で、パソコンのUSBポートに接続すればすぐに使えますし、使い終わったらパソコンの電源が入った状態でも取り外し可能。サイズはW80×D120×H21mm、重さ85g(『TK-TCM004シリーズ』は92g)と小回りの効くコンパクトさです。
 
 

■関連記事
青く光るスピーカー搭載USBキーボード『400-SKB005』製品レビュー
長時間使用でも快適!“ステップ・スカルプチャー”を採用した英字表記の日本語キーボード
“排水機能”付きのシンプルな108キーボード

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。