体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

携帯ゲームで年収1000万円!個人クリエーター護美童子インタビュー

携帯ゲームサイトの『アプリ★ゲット』(http://appget.com/)を運営するスパイシーソフトは、『アプリ★ゲット』にゲームを投稿した個人クリエーターが、年収1000万円を達成したと発表しました。果たしてどんなクリエーターなのでしょうか。個人クリエーターの星野裕太(護美童子)さんにインタビューしてみました。

回答者:
星野裕太さん(写真右)
山田元康さん(写真左)スパイシーソフト株式会社 代表取締役社長

インタビュアー:
未来検索ガジェット通信編集部・宮原俊介(shnsk)

■大学を中退、クリエーターとして上京
記者 星野さんは、どのような経緯でクリエーターになり、独立したのでしょうか。

星野 はじめに携帯のアプリを作り始めたのが高校3年くらいなんですけど、初めて携帯で動くアプリを作って、『アプリ★ゲット』に登録をしたんです。

そこでユーザーの声を聞きながら作っていって、人気がでてきて。それから『アプリ★ゲット』さんからコラボのアプリだとかサポートの話とかあって、連絡を取って。そこからアクションゲームの『チャリ走』に人気が出たんです。(編集部注:累計1000万ダウンロード)

たくさんの人に遊んでもらえるようになったので、クリエーターとして、いろいろ作ってやっていけるのではないかと考えて、大学を中退して東京に出てきました。

記者 携帯のアプリを作ったきっかけは?

星野 もともとプログラム自体に興味があって、Windowsアプリとか考えたんですけど難しくて。でも「ゲームは作りたい」と思ったのと、自分でも携帯のアプリで遊んでいたので「どういうふうに作るのかな」と調べてみたら、Javaという言語に出会いました。勉強していたC言語に文法が近いということで作るようになったんです。

記者 『アプリ★ゲット』での最初の作品がチャリ走なのでしょうか?

星野 違います。
最初は『ぱ!ねる』というパズルアプリです。キャラクターを右左に動かすと、周りのパネルが赤から青になるんですけど、全部のパネルを青にしてクリアみたいな、簡単なゲーム。それが一番最初に作ったものです。

記者 最初に出された当初、いろいろなユーザーの意見を聞いたそうですが、どんな意見を得られましたか?

星野 『アプリ★ゲット』に登録して、たくさんのユーザーに遊んでもらえたみたいで。「おもしろい」とか「こうなったら おもろしいんじゃないか」という話を掲示板で見ました。

記者 最初はどれぐらいのペースで制作されたのでしょうか。年間何本とか。

星野 月に1~2本ですね。

■専属契約でサポート
記者 今はスパイシーソフトと専属契約を結ばれているんですよね。

山田 専属契約は月額、固定で報酬をお支払いする契約なんですが、専属契約といっても、メシを食って寝てください、死なないでくださいという程度の話です。うちからは何本配信してくれ、とかを設けているわけではないんですよ。作った場合は、うちで配信してくださいと。でも作らなくてもいいんですよ。特に作ることについて制約はないです。急かすこともないですし。本当は作ってくれた方が嬉しいですけど(笑)。

記者 「コラボアプリ」とはどんなものなのでしょうか。

山田 三角形ですね。クリエーターさん、ユーザーさん、『アプリ★ゲット』編集部の三者で協力しながらものを作ろうという企画を「コラボアプリ」と呼んでいます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会