ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

驚愕マクドナルド60秒キャンペーンの新事実! 「明らかに1分を超えるオーダーは対象外」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


マクドナルドが新年1月4日から開始する60秒キャンペーン。会計終了後から60秒以内にメニューを提供できないとハンバーガー(クォーターパウンダーチーズ、ダブルクォーターパウンダーチーズ除く)無料券がもらえるというキャンペーンだ。前回マクドナルドの店員さんにこのことを聞き記事にしたら多くの人から反響があり、「そこまで急いでいない」「迷走してる」との声が挙がっていた。中には「大量注文やポテト塩抜きを頼めば余裕だな」と書かれておりバーガー無料券の裏技まで出回っている。

そんなマクドナルドが実施する60秒キャンペーンに驚愕の事実が発覚したのであった。ネット上で先行してウワサされていた「大量注文」や「ポテト塩抜き」というオーダーがNGとなるかもしれないのだ。マクドナルド店員によると「一部店舗かもしれませんが、明らかに1分を超えるオーダーは対象外になります」とのことである。

つまりハンバーガーの場合は1つの機械で同時に2個のバーガーしか作れない。店舗によって機械の数は異なるが、1つしか機械がない店舗は明らかに1分を超えてしまうため対象外となるのだ。しかにどちらにせよキャンペーン期間中はコーヒー無料券がもらえる。

上記の対応は店舗によって異なるので各々店舗で確認してほしい。

この60秒キャンペーンは11時から14時で実施しており、お昼の混雑を緩和させる目的もある。しかしこの時間に勤務するクルーは「60秒なんて絶対無理」と悲鳴をあげている。60秒は砂時計で計られる。一部店舗では先行して実施しているこの60秒キャンペーンだが1月4日(一部店舗除く)からはどうなるのか?

マクドナルド“60秒キャンペーン”について店員が評判や裏技を大胆激白! バイト「やめて」「無理!」の悲鳴

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP