体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石牟礼道子氏からのパクリは2件だけではなかった!~佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第10回)

今回検証に用いた書籍

【特別取材班より:この連載のすべてのリンクと画像をご覧になりたい方は、ガジェット通信サーバー上の記事をご覧ください。】

他人の文章が佐野眞一氏オリジナルの文章に変身

「短期集中連載」と称して始めた本連載だが、ガジェット通信特別取材班の主要メンバーが長期出張中につき、このところ更新が滞っていることをお詫びしたい。パクリ検証のテキスト・クリティークが一段落したところで、明年初頭に「短期集中連載 第2部」をスタートさせる。今後とも注目してほしい。

さて、本連載第7回で、ガジェット通信特別取材班は作家・石牟礼道子氏の解説文からのパクリについて指摘した。
http://getnews.jp/archives/269546 [リンク]

この連載を読んだ読者から、「石牟礼道子氏の文章からのパクリはほかにもある」との指摘が届いた。新たなパクリの事実を紹介する前に、あらためて我々が指摘したパクリを振り返っておこう。

『ちくま日本文学全集 宮本常一』93年5月刊行、461ページ/作家・石牟礼道子氏による解説文「山川の召命」より

《故郷の潮の満ち干(ひ)きする渚(なぎさ)の、おどろくほど緻密(ちみつ)な観察と鮮明な記憶、まのあたりに見ているような平明な描写力。読んでいてふいに胸えぐられる感じになるのは、今はこの列島の海岸線すべてから、氏の書き残されたような渚が消え去ったことに思い至るからである。》
(『ちくま日本文学全集 宮本常一』93年5月刊行、461ページ/作家・石牟礼道子氏による解説文「山川の召命」より)

佐野眞一『宮本常一の写真に読む失われた昭和』平凡社、2004年6月刊行、6ページ

《潮の満ち引きまで感じられる渚の写真を眺めながら、ふいに胸えぐられるような思いに駆られるのは、かつて宮本がカメラにおさめたような渚が、日本の海岸線からことごとく消えてしまったことに思いいたるからであろう。》
(佐野眞一『宮本常一の写真に読む失われた昭和』平凡社、2004年6月刊行、6ページ)

佐野眞一『旅する巨人』文藝春秋、96年11月刊行、66~67ページ

《宮本はこの本【=『周防大島を中心としたる海の生活誌』】の冒頭でこう書いている。

【※以下、しばらく宮本常一の本からの引用が続くため略】

故郷の島の潮の満ち引きと風の音が、おどろくほど緻密な観察力と、目のあたりにみているような平明な描写力で描かれている。
この文章を読みながら、ふいに胸えぐられるような感じになるのは、宮本の著作を解説した石牟礼道子も述べているように、いま日本列島の海岸線のすべてから、宮本が書き残したような渚が消え去ったことに思い至るからであろう。》
(佐野眞一『旅する巨人』文藝春秋、96年11月刊行、66~67ページ)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。