体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最速起動やプロジェクター内蔵型など『COOLPIX Sシリーズモデル』4機種発売へ

nikonz

ニコンは、世界最速起動、3.5型ELモニタ・タッチパネル搭載、世界初プロジェクター内蔵機種など、新たなデジタルカメラライフを提案する『COOLPIX Sシリーズモデル』4機種の発売を発表しました。『COOLPIX S640』は8月28日に、『COOLPIX S70』『COOLPX S100pj』『COOLPIX S570』の3機種は9月下旬発売予定です。価格はすべてオープン。

今回発売される『COOLPIX Sシリーズ』4機種は、新開発広角28mm(35mm判換算焦点距離)からの光学5倍ズーム『NIKKORレンズ』を搭載。高精細で美しい画像の実現、撮りたい瞬間を確実にきれいに捉える基本性能と機能、そして撮影画像を共有したり見て楽しむなど、現在コンパクトデジタルカメラに求められるニーズに応えるシリーズです。

s640_

『COOLPIX S640』は、約0.7秒の世界最速起動時間(CIPA準拠)のほか、超快速『オートフォーカス』約0.25秒で被写体を逃さず、さらに約0.31秒の撮影タイムラグを誇るという、スピードを重視したコンパクトデジタルカメラです。カラーは、ディープブラック、アイスシルバー、プライムレッド、プレシャスピンクの4色です。

s70_02

『COOLPIX S70』は、高精細約29万ドット3.5型ワイド有機ELモニタと、直感的でスムーズに操作できる静電式タッチパネルを採用。タッチパネルに指で軽く触れるだけで、撮影・再生・画像編集がすばやく操作できます。また、ボディーは異なる質感を組み合わせた『デュアルテクスチャーデザイン』を採用。シリーズ中でも際立つスタイリッシュなデザインです。カラーは、ライトブラウン、マットブラック、クリスタルレッドの3色です。

s1000pj_

『COOLPIX s1000pj』は、世界初の超小型プロジェクター内蔵デジタルカメラ。撮影した画像を内蔵プロジェクターで壁などに投影し、友人や家族と一緒に鑑賞して楽しみを共有することが可能です。今後は、カメラとプロジェクター、プロジェクターとテレビなど、家電製品のハイブリッドやジャンルの融合がどんどん起きてくるのでしょうか? カラーはシルバー1色です。

s570

『COOLPIX S570』は、有効画素数12.0メガピクセルの高画質で、23万ドット2.7型TFTモニターを搭載しながらも、フラットスリムデザインを採用した携帯性にすぐれたモデルです。人の肌をなめらかに補正する美肌効果や、ブレ補正など多彩な機能が充実しています。カラーはシルバーとピンクの2色です。

一気に4機種の発売ですので、ついつい迷ってしまいそうですが、デザインで選ぶなら『COOLPIX S70』、速さで選ぶなら『COOLPIX S640』がいいですし、プロジェクター内蔵にピンときたら『COOLPIX S1000pj』をというように、ラインナップをじっくり吟味して自分のカメラライフに合わせた機種を選んでみてはいかがでしょうか?
 
 

■関連記事
ニコンのデジタル一眼レフカメラ、エントリーモデル『D3000』と最上位機種『D300S』を8月28日発売へ
暗い室内や夜景もキレイ、手ブレ補正効果を向上した『LUMIX DMC-FX60』発売へ
富士フィルム、世界初の3Dデジタルカメラなど『FinePix』シリーズ4機種発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。