体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察の情報漏洩問題 佐々木俊尚さんの見解をきく(深水英一郎)

「当事者」の時代 (光文社新書): 佐々木俊尚

警察幹部による情報漏洩は、夜おこなわれる

警察幹部に対しておこなわれるマスメディア記者による「夜回り」の問題など、これまでタブーとされてきた問題に切り込んだ佐々木俊尚さんの新著「『当事者』の時代」(光文社新書)。

本書は、「なぜ日本のメディアは現在このような状況になっているのか」を解き明かすことに挑んだものであり、日本人が生み出したメディア空間の在り様の一端を知るために「夜回り」の問題にも触れています。

結論から言えば「夜回り」そのものは警察幹部による公務員法違反行為、すなわち違法行為なんですが、この違法行為が見過ごされる独特の状況がなぜ生まれ、現代に至ってしまったのか。なぜ警察はこの違法行為を止められなくなってしまったのか。佐々木俊尚氏の「『当事者』の時代」ではまるまる一章をつかってこの問題の解析に取り組んでいます。興味ある方は是非手にとってみてください。

Amazon.co.jp: 「当事者」の時代 (光文社新書): 佐々木 俊尚: 本

「夜回り問題」はタブーに触れるものですから、ここまで詳しく書かれた本はこれまでないのではないかと思います。また、ネットで調べてもこのタブー問題に関する記述はほとんど見つかりません。

「夜回り問題」から逃げる警察幹部たち

そんな佐々木さんに今回、警察の「夜回り」問題についてストレートな質問をぶつけてみました。

実は先日、ガジェット通信発行人の私から警察庁長官に対して「夜回り問題」に関する質問をさせていただいたのですが、その回答は無責任きわまりないものでした。問題であることは認識しながらも質問からは逃げざるを得ない、警察幹部の置かれている状況がよくわかるやりとりですのでこちらもあわせて読んでいただければと思います。

関連記事)
「夜の警察ダダ漏れ問題」違法行為をマスメディアに責任転嫁する警察
http://getnews.jp/archives/227681 [リンク]

■「夜回り」とは
「夜回り」とは新聞社・テレビ局など一部商業媒体の記者を警察関係者が自宅付近または自宅へ招き入れるなどし、そこで記者の質問を受け、場合によってはそれに答えるなどして情報提供をおこなう公務員法への抵触が疑われる行為。この違法行為は日常的におこなわれており、実態解明が急がれます。朝におこなうものは「朝駆け」といい、夜におこなうものは「夜回り」といいます。「夜討ち」と呼ぶ場合もあります。

佐々木俊尚さんに警察の「夜回り」の問題についてきいてみた

回答者:作家・ジャーナリスト佐々木俊尚さん http://www.pressa.jp/ [リンク]
質問者:ガジェット通信発行人 深水英一郎

質問1:単刀直入におききします。「夜回り」は、警察からマスメディアへの情報漏洩だと思われますか?

佐々木:
どの視点から見て「情報漏洩か」ということが問題です。

まず、当局から見れば「情報漏洩」です。

警察当局は、正規の情報ルートは記者会見に加えて、捜査一課長と理事官(一課のナンバー2です)への夜回りに絞っていました。これ以外のルートはイレギュラーであり、当局の目線から見れば情報漏洩ということになると思います。

新聞社などのメディア目線では、夜回りは「情報漏洩」ではありません。「情報をこじ開ける手段」として捉えられているでしょう。

難しいのは、こうした警察内部からの情報漏洩が「メディアコントロールのための意図的リーク」であるケースだけでなく、たとえば刑事と記者の人間関係に基づいた「人情的リーク」、さらには警察の内部の人間が義憤に駆られて「内部告発」する場合など、さまざまな理由や背景があるということです。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会