体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビンラディン暗殺を遂行した特殊部隊「ネイビーシールズ」 現役隊員“ローク少佐”にインタビュー

ネイビーシールズ

皆さんは、「Navy SEALs(ネイビーシールズ)」を知っていますか? ネイビーシールズとは、米海軍0.5%の超エリート特殊部隊。任務は国家の最高機密に関わる極秘ミッションで、オサマ・ビンラディン暗殺を遂行した事で改めて全世界で注目を集めています。

そんな、ネイビーシールズの戦いを描き、全米ボックスオフィスで初登場1位を記録した映画が『ネイビーシールズ』。物語はフィクションながら、映画に登場するのは全て本物の兵器、戦術、戦闘機、そして現役のネイビーシールズ隊員という、リアル戦闘アクションムービーです。

「国家機密をバラしすぎだ」と米国国防総省(ペンタゴン)に政治家から抗議の声が届いたという本作が、いよいよ今週末より日本公開。現役の隊員であり、映画にも出演しているローク少佐が緊急来日し、取材に応じました。

ローク少佐(劇中ではローク大尉)は、カリフォルニア出身の38歳。1999年よりネイビーシールズに任務をスタートし、数々の賞、勲章を受賞しています。

ネイビーシールズ

――『ネイビーシールズ』は、本物の兵器、戦術だけではなく、現役のシールズ隊員が出演するという衝撃的な内容ですが、最初に企画を聞いた時にどう思われましたか?

ローク少佐:初めて企画を聞いた時、僕だけじゃなく全ての隊員が「NO!」と言いました。なぜなら、今までネイビーシールズの任務は秘密裏に行われてきた事ですから。けれど、2人の監督と過ごしているうちに信頼関係が出来てきて、監督達が撮りたいと思っているのはアクション映画では無くてネイビーシールズの真髄を描こうとしているのだなと分かり、「YES!」に変わりました。

ネイビーシールズ

――では、実際に完成した映画をご覧になっての感想をお聞かせください。

ローク少佐:ファーストカットを観た時は「まあまあかなぁ」と思いました(笑)。けれど、映画が進むにつれて「これはシールズの真髄」だと納得して楽しむ事が出来ました。でも、どのシールズ隊員も「他のメンバーは良いのに、自分だけ映画の中でダメだ」と感じたみたいですけどね。

――本作は、全米ボックスオフィスで初登場1位するなど大ヒットしましたが、多くのアメリカ国民がこの映画を観た背景にはどの様な事が考えられると思いますか?

ローク少佐:皆がハリウッドが作ってきた、似たような映画に飽きているのもあるんじゃないでしょうか。似たようなCGに似たようなVFXに……。この映画が評判になったのは本物の迫真の映像が使われているからだと思います。観た人が、話題にしてさらに評判が評判を呼んだのだと。

ネイビーシールズ

――本当に「ここまで見せていいの?」と思える様な迫真の映像の連続でしたが、映画をご覧になったご家族や友人も驚かれているのではないでしょうか。

ローク少佐:とても評判が良くて、友人には「本物より格好良いんじゃないの?」とからかわれました。僕もそうですが、皆が一番喜んだのは、家族が自分の愛する夫や兄弟がいつもどんな仕事をしているのか知れた事です。より理解が深まったと感じています。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会