体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伝説の勇者を救え! リアルRPG『ひきこもり勇者と4つの扉』に参加してきた

realrpg02

「このマンガミュージアムの奥に住む、京都を守る“伝説の勇者”がひきこもっているので、最近の京都では悲しいことが起きています。どうか、みなさんの力で勇者を助けてあげてください」。“宿屋”でパーティを組んだ私たち4人は、館内に隠れている“勇者”を探しに旅に出た――あの『リアル脱出ゲーム』の『SCRAP』が手がける、初の“リアルRPG”イベント『ひきこもり勇者と4つの扉』に参加してきました(すべての写真付き記事はこちら)。

realrpg03

冒険のスタート地点は“宿屋”から。まず、ここで冒険を共にする4人のパーティを組み、パーティ内で“魔法使い”“戦士”“盗賊”“漫画家”の役を割り振ります。参加時に4人のメンバーがそろっていなくても大丈夫。宿屋で仲間を見つけてパーティを組むこともできます。メンバーがそろったら、宿屋から『アドベンチャーシート』と『魔法の地図』をもらって冒険にいざ出発です。

realrpg07

「元気がなく思い悩んでひきこもっている」勇者に会いに行くには、閉ざされた4つの扉を守る門番のモンスターたちと戦い、扉を開く6種類の『紋章』を手に入れなければいけません。第一の扉には土と岩で作られたモンスター・ゴーレム、第二の扉には火の精霊・サラマンダー、第三の扉には地獄の番人で三頭犬のケルペロス、第四の扉には最強の門番・ドラゴンが待ちかまえています。ちなみに、モンスターは「人間界で生活する勇者を守るために」人の形に姿を変えていました。

realrpg04

まずは『アドベンチャーシート』を手がかりに4人で力をあわせて、広い館内に隠された謎を一つひとつクリアして戦闘に必要なアイテムをゲット。モンスターたちと戦い『紋章』を集めていきます。あまりにも強いモンスターにやっつけられてしまったり、謎が解けなくて困ったときは宿屋に戻って相談です。ヒントは最大3回まで出してもらえます。

realrpg08

今回のリアルRPGは、マンガミュージアムという舞台を生かして、アイテムとしてマンガが使われていました。第四の門番・ドラゴンとの戦いでは「地球を救えるレベルの必殺技」を見つけるために、今まで読んだマンガのなかから最高の“必殺技”を思い出し、マンガミュージアムの中を探し回ることになりました。選んだ“必殺技”は、“漫画家”がマンガに描かれている通りに実演することでドラゴンを倒す“ヒッサツワザ”として発動します。

realrpg09

冒険が進むにつれて、だんだんよみがえってくるのは子どもの頃の“ごっこ遊び”の感覚です。だれだって、好きなマンガやアニメの主人公になりきって、敵と戦ったり冒険したこと、ありますよね? 想像の世界でなら、いつまでも自由に冒険の旅に出ることができるんです。とはいえ、大人はたまにちょっと照れたちゃうこともありますので、そういうときはモンスターや宿屋の人たちがさりげなく想像の世界へと引き戻すべく手を引いてくれました。

1 2 3次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。