ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『脱出ゲーム』は5歳から思い描いていた夢の場所だった 【会ってみた No.1】

脱出インタビュー

京都で出会った2人が、それぞれの道を経て東京でイベントを成功させた

『脱出ゲーム』。その舞台は閉ざされた空間からスタートする。限られた空間の中に潜むヒントを探し出し、次々と浮かび上がる謎を解き、空間からの脱出を図るという内容だ。インターネット上にはその『Flash版』とも呼べる3Dアドベンチャーゲームが存在し、世界中で人気を呼んだためその存在をご存知の方も多いだろう。そんな『脱出ゲーム』を仮想ではなく現実のものとして東京・世田谷に出現させた2人。シリーズ・ロングインタビューの第1回目はそんな彼等の元を訪れた(今回の脱出ゲームに関するレポートはこちら)。

『廃校脱出シリーズ2 ~図工室からの脱出~』
主催 : recommuni
企画製作 : SCRAP

2人の名前は飯田仁一郎(写真・左)と加藤隆生(写真・右)。京都大学西部講堂にて開催されるロックフェス『ボロフェスタ』の立ち上げをきっかけに出会った2人。その後、飯田はスリーピースバンド『Limited Express(has gone?)』のメンバーとして世界ツアーに出発、帰国後は東京で音楽配信に携わることに。加藤は京都でフリーペーパー『SCRAP』を発行し、その中で様々なイベントを立ち上げていった。次に2人の人生が交わったのは、“音楽”ではなく“ゲーム”を通してだった。
 

■『少年探偵団』に対するあこがれ

加藤
「小さい頃は冒険が疑似体験できるゲームが好きだった。だから原点はやっぱりドラクエ(ドラゴンクエスト)ですかね。自分が勇者になって、謎を解いて、レベルを上げて最後のボスを倒すという。そういうのが好きなんですね、やっぱり。江戸川乱歩の探偵小説なんかも読んでいたんですけど、とにかく物語の中に入りたかった。そういった物語ではよく“屋根裏部屋”って出てくるじゃないですか。なんで自分の家になかったのか不思議だった。だってマンションやアパートからじゃ物語が始まらないんですよ! だから親にもよく聞きましたね。宝の地図はないかって(笑)」

― そんな加藤が『脱出ゲーム』を作り上げる原点は、どこにあったのだろうか。

加藤
「そういう少年が活躍する物語を見ていて、なんで俺は活躍できないだろうと思ってた。そして自分の周りでは事件も冒険も起きないまま34歳になり、あれっと思いましたよ(笑)。このままじゃ名探偵になれないと思って。それならせめて怪盗側に回ってやろうと思ってできたのがこのゲームなんです。まずは京都で始めたんですけど、それがお客さんの入りが予想以上によくて。そこで大阪に持っていったら、そこでもあたってしまった。確か900~1000人程入ったと思います」

加藤は“京都”という街が持つ独特の空気を説明する。

加藤
「でも言えるのは“京都”という場所だったのが良かったということ。東京だったとしたら、まずは1万人集まるかどうかとか、大きい規模での成功を目指して頓挫していたかもしれない。僕らはまず、100人集めよう、というところから始めた。そしてそれを東京に持って行くことができた」

とても居心地のいい街だが、そんな街への思いは複雑だという。

飯田
「お金をかけなくても楽しめる街ではあるんですけどね。正直、音楽に関しては東京より遅れてるなぁと感じる面もあります。でもこのイベントに関しては、東京より早かったかなと。あの街にはそういう土壌があるんだと思います」

― 先の大阪イベント、飯田はどのような目線で見ていたのだろうか。

飯田
「加藤君が平安女学院(高槻キャンパス)でやった『脱出ゲーム』がよくってね。ゲームなのに体を使ってる感じがして良かったんだけど、もっと衝撃を受けたのが、こう、人間模様みたいなものが如実に現れるんですよ。この『脱出ゲーム』とういのは。バンドメンバー3人で行ったんですけど、参加するだけで他2人の個性が浮き彫りになって見えるんですね」

手応えを感じた飯田は、東京での準備を進めていった。

加藤
「飯田君から準備が整ったという連絡があったので、よし、それならコンテンツを持ち込むぞと。そこからは早かったですね」

脱出インタビュー

■“ゲーム”から『脱出ゲーム』へ

― 2人にとってのゲームの原体験とはどんなものだったのだろうか。

飯田
「僕がゲームを始めたのは、まぁ普通に小学校の頃からですね。ファミコンから。それでゲームボーイやってスーパーファミコンに移って、そこで止まりましたかね。でもこの人はようやるんですよ。それこそもう朝から晩まで」

加藤
「飯田君はそんなにゲームせんもんね」

飯田
「ある1日なんて20時間ぐらいやってたかな。僕が出かける時に彼がゲームをやっていてね。そんで帰ってきたらまだやってたんですよ。これはしゃーないなと思ってね、そっから僕も少しだけゲームしました」

加藤
「それはもう、本を読んでもゲームをやっても、物語の中には入れないわけですよ。疑似体験はできるけど当事者ではない。そういう嫉妬というか(笑)、歯がゆさもあって没頭しちゃうんですよね」

しかし加藤は、5歳ぐらいから『脱出ゲーム』を夢見ていたという。

加藤
「小学校3年生の時は『ドラえもん』が来ると思ってたんですよ。だからさ、タイムマシンが出てくる机の一番上の引き出し、あるじゃないですか。もうあそこだけめっちゃ綺麗に磨いてましたよ。『ドラえもん』が来れば、登場人物になれる。本当に、物語の登場人物になりたかったんです」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。