体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“地球儀+地図帳+図鑑+ゲーム”の知育ガジェット『TV地球儀』製品レビュー

エポック社が7月18日に発売する『TV地球儀』をお借りしました。テレビにつないで遊べる新しいタイプの地球儀で、地図帳や図鑑としても利用できるだけでなく、クイズやゲームも遊べるというマルチな知育ガジェット。発売前に、どんな製品か実際に触ってご紹介します(すべての写真を見る)。

tvglobe6

■仕様
本体サイズ:W293×D264×H398mm
対象年齢:5歳以上
電源:ACアダプター
予定価格:3万6750円(税込み)
付属品:AVケーブル、ACアダプター、説明書

■テレビにつないですぐ使える

tvglobe1

使う前の準備は、本体とテレビをAVケーブルでつなぐだけ。電源をONにすれば、すぐに起動します。利用するモードは、本体のチャンネル状ダイヤルで切り替えます。

■タッチペンでなんでも操作

tvglobe3

本体に付属するタッチペンが、『TV地球儀』のメインの操作デバイス。本体上の矢印キーをタッチして方向やカーソルを移動する、「○」「×」ボタンをタッチで選択する、「+」「-」ボタンをタッチして拡大/縮小するなどの操作ができます。最初は思わず指で押しそうになりますが、タッチペンでないと認識されないので注意が必要です。地球儀上で特定の場所をポイントするのにも、タッチペンを使います。

■テレビ画面と連動する地球儀

tvglobe_sc1

まず、“地球の大陸と海洋”のモードで、地球儀として利用してみましょう。“地球の大陸と海洋”は、地球の大陸や島、海洋地域を知るためのモード。地球儀上にペンで北太平洋をタッチすると、テレビからナレーションが「北太平洋」と読み上げ、北太平洋にズームした後、解説を表示してくれます。地球儀を手で回すと、連動してテレビ画面の地球も回転します。この操作が新鮮で、初めて触った方はまず驚くでしょう。タッチペンで触る、地球儀を回す、チャンネルをひねる、といった直感的なインタフェースが、この製品の大きな特徴といえます。

■地図帳並みの情報量

tvglobe_sc2

続いて“世界の国々と地域”“世界の首都”“日本の都道府県”“世界の国旗図鑑”の各モードを触ってみましょう。“世界の国々と地域”は、タッチした個所の国名を読み上げ、その国の特徴や正式名称、面積、人口、首都、公用語、国旗を解説します。地図帳を片手に地球儀を眺める感覚に近いのではないでしょうか。さらに、“世界の首都”ではタッチした国の首都に関する情報が表示され、ちょっとした観光ガイドを眺めている気分。子どもだけでなく、大人も楽しめるでしょう。“日本の都道府県”は地球儀と連動していませんが、各都道府県の産業や文化の解説、面積や人口、県庁所在地、県の木や花、鳥、マークを見ることができます。“世界の国旗図鑑”では、地域ごとに各国の国旗を表示し、その国旗の由来まで解説。地図帳としてもかなりの情報量を持っていることが分かります。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会