体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妻の秘密!超美形キャバ嬢と結婚した男の告白

どうもどうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!
私の知り合いで、誰もがうらやむような超美人の奥さんをもらったという羨ましい男がいます。

仲間内では「どこで知り合ったんだよ!」「おまえだけずるいぞ」「あいつ、早く離婚しないかなぁ……」なんて嫉妬の嵐だったのですが……。

実は美人妻には秘密があったようで……。このお話はその彼のお話です。それではお聞きください。

北川景子似FカップのNO.1キャバ嬢を口説く

体験者/佐伯俊(仮名)大阪府 34才 商社勤務

嫁のサヤと出逢ったのは2年前の年末。ノリで同僚と入ったキャバクラだった。
宵の口に入った店で、彼女はオレの隣に座ったのだ。

「今晩はぁ! はじめてなん、このお店? ワタシのこと、可愛がってなぁ!」
「お、おおおぉぉぅ……」

小悪魔のような眼で見つめる彼女はパッチリ二重のまさしく北川景子。ドレスの胸元はたわわに実ったスイカのようだ。こんな娘にハマらないわけがない。見初めた23才のサヤは、やはり店のNO.1キャバ嬢だった。

客の指名がバンバン入る中、オレはなんとか彼女を自分のものにしようと決してがっつかずにさりげなく何度か通い、店外デートへと誘い出すことに成功。あくまで紳士的に接して信頼を勝ち取り、夢を語り、猛烈アプローチで彼女の興味を引きまくった

そして念願のベットイン。申し分のない彼女を自分のものにし、さらにハマッたオレは結婚を申し込んだ

「オレはたいしたことない男やけど、一生キミの支えになってあげることには自信がある!! 結婚してほしいんや!!」

そして付き合いだして、1年後。見事にゴールイン。

手取り32万円のオレと、月収300万円の文字通りの格差婚。結婚を機にキャバクラを辞めた彼女。“寿退店”である。結婚式に招いたゲストたちの羨望の眼差しが痛いほど突き刺さる。う~ん、優越感に酔いしれるなぁ~

そして、半年間が過ぎた。甘い新婚生活以前と変わらず、美形の顔つきで夫の帰りを待つサヤ。シアワセの絶頂だった。
しかし、サヤはその間まったくスッピンをみせたことがない。なんでや? 夫としては化粧っ気のない顔もみてみたいやないか。

「おはよう…」

休日の朝、目を擦りながら、寝室から起きだしてくるサヤ。昨夜は、寝る暇もないほどハッスルしたから睡眠不足になってるんやろう。そこもまたカワイイやんけ~!

「おはよう…オ、オマエ!!」

オレの目の前にいる寝ぼけたサヤの鼻はひしゃげて、べたっと横に広がっている。まるでアンパンマンのようだ。そして片目は、人でも2、3人殺していそうな佐野史郎ばりの冷徹な一重になっている。

「ええぇ~、鼻が目が!! サ、サヤ、だ、大丈夫かぁ~!!」
「ああ、こ、これは、べ、別に…」

洗面所に立てこもるサヤ。明らかに鼻はひん曲がり、目は細く変わっていた。どういうことや?

「いやぁ、なんでもないねん!」

元通りの北川景子の顔に戻り、出てきたサヤ。おいおい、まるでマイケルジャクソンやんけ!! う~ん、なんか変だけど…。そのときオレは気のせいと思って自然を振舞った。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy