体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢追い人こそ、”就職”せよ!!

どうも!就活アドバイザー芸人の森川剛です。
急に誰だよ、となると思うので記事を読む前に是非とも、下記をポチッとしてください!

森川剛プロフィール

簡単に説明すると僕はお笑い芸人をしながら、就職エージェントでキャリアカウンセラーとしても活動をしてます。
今回は二足の草鞋を履きまくっている僕の視点からお話をさせていただきます。

テーマは「夢追い人こそ、就職せよ」です(笑)
中々偉そうなこと言っておりますが、夢を追って生活してる人は是非読んでみてください!

結局はお金

夢追い人には色々なジャンルがあります。
僕のように芸人や役者、バンドなどたくさんあります。
僕自身が芸人なので、今回は芸人版で話していきます。

早速ですが売れてない芸人が直面する悩みは下記になります。
1位 お金
2位 お金
3位 お金
4位 …もうやめときます。
5位 彼女

なんと言ってもこの”お金”にみんな苦労するのです
どのくらいお金が要るのかざっと挙げてみると、
・税金
・家賃
・国民健康保険
・年金
・ライブエントリー代
・生活費
・合コン代

これらは氷山の一角であり、まだまだたくさんありますね。

驚きなのはライブに出るのにお金がかかるんですよ。
バンドをやっていた人はわかると思いますが、
ライブは呼んだお客さんの数に応じて”チケットバック”という制度が存在します。
ただ、人気のない売れてない若手芸人に多くのお客さんがいるはずもなく
ライブに出れば出るほど赤字なのです。

こういった現実に直面した芸人が取る行動は…

アルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイトアルバイト

“アルバイト”です。
まあ、初めからアルバイトはしてると思うので
厳密にはアルバイトの”シフトを増やす”です。

売れる為により多くのライブに出ようとすれば
お金が必要になるのです。

その為、少しでも多くの稼ぎを得る為に
アルバイトのシフトを増やします。
最初は週3のシフトだったはずが、週4、5となっていくのです。
終いには掛け持ちをしてるかもしれません。

アルバイトの意味

芸人や役者、バンドなど夢追い人がアルバイトをする理由はもちろんお金が必要でするのですが、それ以上に大事なことがあります。

それは”シフト制”です!

アルバイトの最大の強みは
「好きな時に、好きな分だけ働ける」ということ。
つまり、自由に働けることです。

来週の木曜にライブがあるとわかっているなら
シフト表に×印をつければいい。
来月にオーディションがあるならその日に×印をつければいい。

…便利!!となるはずですが
実際には×印を付けれる芸人は多くないです。

理由は言わずもがな”お金”が必要だから。

本来、時間の自由を取る為にアルバイトという選択をしたのに蓋を開けてみると社員並みにフルタイムで働いてる自分がいる。

気づいた頃には

そして気づいたら、フリーター芸人として20代後半、30代、なんと40代になっていたりする。(僕の先輩には多くいました。。)

「あ〜もう30代か。売れないし就職しよ」

いや、時既に遅しとはまさにこの事を言います(笑)
もちろん、就職できないということはないでしょうが選択肢は一気に狭まり、とても希望職種には就けないと思います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会