体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

表参道で犬探し? トミー ヒルフィガーが『Facebook』アプリと連動するゲリラプロモーション

表参道で犬探し? トミー ヒルフィガーが『Facebook』アプリと連動するゲリラプロモーション

街中でいきなり外国人に「犬を探してくれ!」と英語で話しかけられたら、あなたはどうしますか? 4月15日と22日、表参道でそんなドッキリ企画が展開されました。こちらは表参道と明治通りの交差点に開業した商業施設、東急プラザ 表参道原宿に旗艦店をオープンしたファッションブランド、トミー ヒルフィガーが仕掛けたゲリラプロモーションなのです。

ジープからプレッピースタイルの外国人モデルが登場

プレッピーファッションに身を包んだ外国人の集団がジープから現れ、「Please help us find Morgan!(モーガンを探して!)」「Where is Morgan?(モーガンはどこなの?」と通行人に声をかけます。ちなみに、プレッピーファッションとは、アメリカの私立高校、プレパラトリースクールに 通う高校生たちの服装から生まれたファッションスタイルで、アイビーの弟分的な存在。正統派のアイビーより、自由なスタイルで、上質の服を着崩すのが特徴です。今ファッション誌では続々と特集が組まれているので、興味のある方はチェックしてみてください。

手にはMORGANのパネル

手には「MORGAN」のパネルが。MORGANは、トミー ヒルフィガー家の愛犬として、広告ビジュアルやカタログに登場するバセットハウンド。このMORGANがいなくなったというのです。

親切な通行人にはスクラッチカードをプレゼント

通行人は戸惑いつつも興味津々で、親切な人は「どうしたの?」と彼らに声をかけます。声をかけてくれた通行人には、お礼にMORGANの写真入りスクラッチカードがプレゼントされました。スクラッチカードを削ってMORGANを見つけたら、トミー ヒルフィガー表参道店で限定のキーチェーンがプレゼントされました。

『Facebook』ページ上の『Missing MORGAN』キャンペーン

実はこのイベント、トミー ヒルフィガーが『Facebook』ページ上のアプリで開催中の『Missing MORGAN』キャンペーンをリアルで展開したもの。『Facebook』ページで「いいね!」したユーザーが5月13日まで参加でき、アプリ上でMORGANを見つけた人から抽選で1名に『Jeep Grand Cherokee』がプレゼントされます。

アプリは、ヒルフィガー家の人たちに話を聞いて、彼らの証言から推理してMORGANがいる場所を当てるという内容。個性豊かなヒルフィガー家の面々のコメントも面白く、ちょっとした頭の体操にもなりますよ。正解すると副賞として、限定キーチェーンや自分だけのコーディネート一式、テイラードアイテムがプレゼントされるチャンスもあります。

トミー ヒルフィガー Facebookページ
http://www.facebook.com/TommyHilfigerJp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。