ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

環境問題を訴えるドキュメンタリー『不都合な真実2:放置された地球』圧力を跳ね返すアル・ゴアはまるでロッキー?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

2006年に公開され、第79回アカデミー賞で2部門受賞し、ノーベル平和賞を授与されたアル・ゴア元・米副大統領の伝説的ドキュメンタリー『不都合な真実』。その続編である『不都合な真実2:放置された地球』が11月17日(金)より公開となります。

アル・ゴアが環境問題を訴えた前作『不都合な真実』(06年)は、世界中に衝撃を与え、各地で議論や称賛、批判の声が生まれる国際的な社会現象を巻き起こしました。また、第79回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を獲得し、ゴアはその功労が称えられ、07年には「気候変動による危険に関する情報を世界に提供した」としてノーベル平和賞受賞と数多の映画的成功を収めました。

しかし、一方で、製作のリチャード・バージが「1作目の後にゴアがどれ程ひどく攻撃されたかを知る人は多くない」と明かすように、前作に対し化石燃料関係の産業が真っ向から意見がぶつけてきたといいます。中には科学的事実のアラ探しを意図するものもあったそうで、そのほとんどはゴア個人に向けられたものでした。製作陣は続編を計画する中で、こういった意見に正面から対応すべきか頭を悩ませたといいます。

%e3%82%b5%e3%83%96%e3%82%b5%e3%83%96%e2%91%a1

共同監督のシェンクは、自らの活動が素晴らしい取り組みであると自覚していたゴアの姿を見て「私たちは彼の姿勢について『ロッキー』を意識しながら、話し合い始めた」と、なんとシルヴェスター・スタローンが演じた不朽の名作から打開策の着想を得たことを吐露! さらに、シェンクは「殴られてぼろぼろになった男の映像で映画が始まると、観客は仕返しをするよう応援せずにはいられない。だから本作もゴアに対して容赦なくぶつけられる発言を編集したものから始めた。その後、当時からの成果を見せていく」とその逆境を逆手に取り、共感を呼ぶドラマチックな展開を構築していったのです。

null

些細な出来事も壁に止まるハエのごとく詳細まで捉えて撮影した密着取材により、過去10年間、幾度となく壁にぶち当たってきたにもかかわらず、闘いを続ける理由についてゴアは始終素直な感情をカメラに見せています。

プロデューサーのリチャード・バージは「1作目では伝えられていなかった話があると気づいた。この歴史的な闘いをゴアや他者が新たなステージへと動かしてくれた話だ。また、映画を通じて、通常では観客の目にしないものを観客に追体験させるチャンスにできると感じた。ゴアがいかに速く動き、舞台裏で何が行われ、いかに報道されない貢献をしているかについて知ってもらえるような、前例のない映画を作りたいと思った」と製作意図を明かしています。

幾多の困難にぼろぼろになりながらも何度でも立ち上がる不屈の精神を持つゴアは「長い間関わってきた問題で、生きている限り、取り組んでいくつもりだ」と生涯現役を明言! 熱い男たちが命をかけて挑む『不都合な真実2:放置された地球』ぜひ劇場でご覧ください。

(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。