体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「突然ナゾの明かりが出現!!」サプライズでムード満点!恋人たちの出会いを盛り上げる驚きの演出 養女相手にセクハラをやめられない理由 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ムード満点!恋を盛り上げるサプライズに驚嘆

梅雨の夕べ。玉鬘の部屋の前は悩ましげな香りに満ちていました。空薫香(ルームフレグランス)と、源氏から漂うセクシーな香りが混ざり、兵部卿宮の期待は否が応にも高まります。

宮は歯の浮くようなキザなセリフではなく、落ち着いた誠実な言葉を重ねて、思いの丈をぶつけます。それを陰で聞いているのは、玉鬘ではなく源氏。恋にやつれた弟の真剣な様子を見ながら(なるほど、いいねいいね!)と悦に入っています。

肝心の玉鬘は部屋の奥に引っ込んでいました。源氏としては2人の愛のやり取りを観察したいわけですから、これはいただけない。早速、女房が言伝に行くのを追いかけて「何をやってるんだ。もう子どもじゃないんだから、恥ずかしがってないで。宮は無粋に扱ってはいけない男なんだから、直接話さないにしても、せめてもう少し近くに行きなさい」

何ともうるさい父親です。玉鬘はまだ渋っていましたが、こうしていると催促にかこつけて、源氏が近寄ってこないとも限らない。またセクハラが始まっても困ると、仕方なく宮のいる居間の方へ出ていきました。

宮は長々と自分の恋心を訴えます。どう返事をしようかと悩んでいた矢先、源氏がそばに来て几帳の幕の一枚をさっと上げたかと思うと、何かがパァッと輝きました。

一瞬、灯を差し出されたのかと思いきや……その明りは蛍でした。源氏はこのために蛍を薄いものに包んで袖に隠し、頃合いを見計らって放ったのです。

筆者もゲンジボタルを見たことがありますが、思ったよりもずっと明るかったのが印象的でした。写真や映像で見ると黄緑色っぽいですが、肉眼で見ると白に近い、クリアな光でした。そして、ぽわ~、ぽわ~と、独特のリズムで点滅するのがなんとも幻想的でした。

実際に蛍たちは光で求愛行動をしていますが、まさにぴったりのイルミネーションというわけです。夜が今よりもずっと暗かった時代、蛍を集めてなんとか美女を見たい!と思った人は他にもいたらしく、『宇津保物語』にも蛍を集めてばらまくシーンが登場します。

デートで夜景やイルミネーションを楽しむのと同じように、平安時代は夜の恋の演出に蛍が一役買っていた。いつの時代も、恋を盛り上げるのはロマンティックな光の演出なのかもしれませんね。

玉鬘は突然の事に慌てて扇をかざしますが、宮は思いがけないサプライズにドキドキ!かすかな明りに浮かび上がった玉鬘の姿かたちを目に焼き付け、思った以上に彼女が近くにいることに感動します。「鳴かぬ蛍でさえああして恋の炎を燃やしている……まして人の恋心が消そうとして消えるものでしょうか」

玉鬘は返事に時間をかけてはいけないと思い、素早く「鳴かずに身を焦がす蛍のほうが、ずっと深い想いを抱いていることと思います……」と返して、また部屋の奥へ。

あっさり引っ込んだ玉鬘に、宮はちょっと白け気味。(なんだ……随分よそよそしいな)と思いつつ、朝まで粘るのも下心がミエミエだろうと、まだ暗いうちに帰ります。確かに、もうちょっと応酬があれば盛り上がったのにってところですね。

このやり取りから、兵部卿宮には『蛍宮(ほたるのみや)』という呼び名が付きました。女房たちは蛍宮の雅やかさが源氏に似ていると褒め、また父親らしからぬ細やかな源氏の気遣いを讃えます。まあ、匂いから明りまで、凝りに凝った演出はプロデューサーとして素晴らしいです。

しかし、本当の娘ならこんな風に相手の男の心を煽ってほくそ笑んだりはしないはず。カメラがある時代なら、隠し撮りしてニヤニヤしたいような、テロップでも入れていじりたいような、恋愛バラエティも顔負けの一幕でした。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy