体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HDRに対応した新『Amazon Fire TV』レビュー 音声アシスタント『Alexa』への対応に期待大

HDRに対応した新『Amazon Fire TV』レビュー 音声アシスタント『Alexa』への対応に期待大

Amazon.co.jp(以下Amazon)が10月25日に出荷を開始したメディアストリーミング端末『Amazon Fire TV』新モデルのレビューをお届けします。

60fpsの映像再生やHDRによる鮮明な画像と色彩の再現、Dolby Atmosの音響技術に対応。4K Ultra HDとHDR対応テレビに接続することで、『Amazon プライム・ビデオ』や『Netflix』などから配信される高画質・高音質なコンテンツの再生が可能になりました。1.5GHzのクアッドコアプロセッサー、2GBメモリーと8GBの内蔵ストレージを搭載。スティック型端末『Fire TV Stick』より40%性能を強化しているとのこと。価格は8980円(税込み)です。

firetv_rev2

パッケージ内には本体とリモコン、リモコン用の乾電池、ACアダプター、電源用USBケーブルが付属します。

firetv_rev3 firetv_rev4

本体がHDMIケーブルと一体化してコンパクトになり、テレビのHDMI端子からぶら下げて取り付けが可能になりました。

4K Ultra HD対応コンテンツのストリーミングには大容量のデータ通信が発生しますが、有線LAN接続する際には別売りのイーサネットアダプターが必要になります。Wi-Fiはデュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO)、802.11a/b/g/n/ac対応です。

firetv_rev5

リモコンは音声認識用のマイクが付属。『Amazonビデオ』コンテンツやアプリの音声検索が可能。

firetv_rev6 firetv_rev7 firetv_rev8

セットアップ手順は次の通り。起動後に言語を選択し、ネットワークに接続。Amazonアカウントでログインすると機能紹介の動画が再生されます。続いて、利用するアプリを選んでインストールするとホーム画面を表示、利用可能になります。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。