ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名古屋弁は本当は「エビフリャー」なんて言わない! タモリが原因で広まったのか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


名古屋と言えば日本三大都市の一つであり、変わった名物や文化が多い地方としても知られる場所である。特に方言である“名古屋弁”は独特さが際立っているとされており、「デラ○○(凄い○○)」「やっとかめー(久しぶり)」「○○だらー」という聞き慣れない言葉に驚かれる。

関西弁は芸能人のおかげもあり全国的に普及してきたが、名古屋弁(愛知)はまだまだ普及の兆しが見えてこない。今回はそんな名古屋弁に関するお話だ。

名古屋弁で「エビフライ」のことを「エビフリャー」と言うと聞いたことはないだろうか? 私は名古屋生まれ名古屋育ちの現東京在住なのだが、生まれてからリアルに言っている人を未だかつて見たことがない。過去にお婆ちゃんにこのことを聞いても「そんなこといわんでよー」と返された。

では何故「エビフリャー」という方言が勝手に一人歩きしているのだろうか。それはテレビの影響が大きいのだ。

原因を作ったのはタモリさんで、『笑っていいとも!』や自身のレギュラー番組で、名古屋の話題になるとしつこく「名古屋はエビフライのことを『エビフリャー』って言うんだろ」と言い続けた結果、皆が信じてしまったようだ。もちろんこれは都市伝説で、愛知、岐阜、三重のどこも使っていない。

大阪弁で言うところの「でんがなまんがな」と一緒のレベルだろう。もちろん冗談と知った上で「エビフリャー」と口にする人はいるが、本気で日常的に使っている人はいない。名古屋に来て『エビフリャー』と言っても逆に「え?」と聞き返されるてしまうぞ。

<おまけの名古屋弁講座>

やっとかめ:久しぶりの意味。八十日目から由来。
デラ○○:凄いの意味。デラックスから取った説と「どえらい」がなまった説がある。更になまって「ダラ○○」と言う時もある。
ケッタ:自転車のこと。スタンドを蹴ることから由来。
放課:休み時間のこと。日本語的にはこれが正しい言葉。
○○しやー:「○○して」の意味。なまって「しゃー」となることもある。
ちゃっと:早くの意味。使用例「ちゃっとしやー(早くして)」と用いる。
わやなる:なくなるの意味。北海道でも同様の意味で使われる。鎌倉ハムのCMでお馴染み。
まー:「もう」の意味。
つって:「持って」「運んで」の意味。使用例「机つって」。
おそがい:恐ろしいの意味。
おみゃー:おまえ。
かう:(鍵を)かけるの意味。

名古屋という文化は良い意味で異様だということ 「変わった食文化」「ブスが多いは都市伝説?」

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP