体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「精神と時の部屋」で修行に専念? 漫画家を目指す若者支援「トキワ荘プロジェクト」

「トキワ荘プロジェクト」ディレクターの菊池健さん

 かつて若き日の手塚治虫や藤子不二雄、石ノ森章太郎ら漫画家が寝食を共にして切磋琢磨したトキワ荘。そのトキワ荘を現代に甦らせ、漫画家を目指す若者たちを支援する「トキワ荘プロジェクト」が進行している。

 2006年8月から始まった「トキワ荘プロジェクト」。NPO法人NEWVERYの現代表である山本繁さんらの「東京の高額な家賃が、若い漫画家志望者の成長と挑戦の足かせになっているのではないのか」という問題意識のもと、まず山本さんの祖母宅を借り上げ、そこに面接に合格した3人の漫画家志望者を住まわせたことがきっかけだ。

 それから5年半、現在は都内を中心に21荘119部屋(2012年4月現在)の”安い部屋”を提供。これまで卒業した人も含めて200名強の漫画家の卵たちが、「トキワ荘」で夢に向かって共同生活を送ってきた。そして18人のプロの漫画家が誕生した。今回、「トキワ荘プロジェクト」ディレクターの菊池健さんに話を聞いた。

■「夢追いフリーター」を支援

――「トキワ荘プロジェクト」を始めた経緯を教えてください。

 支援団体NEWVERYでは、もともとニート・フリーターなどの若者支援をやっていたんですね。演劇や小説などのアカデミーに取り組んでいました。それぞれ良い取り組みではあったのですけど、事業にならなくて継続自体が難しかったんです。

 そこから教訓を得ました。まず事業として継続できるものを作ることです。また、実際にニートが目の前にいたとして、その人を改善するというのはとても難しいということです。もちろん、そういうことに取り組む団体もありますが、私たちは小さな団体ですので、どうやって効果的に社会に影響を与えるか考えた時に、今まさに危機の人を助けるのではなく、そういう人が出ないような予防活動をやった方が成果を出やすいだろうという結論に至りました。以降、別事業も含め基本的に予防事業に注力しています。

 例えば、何か一つのことをやりたくて、それをやるために仕方なくフリーターやっている人がいます。特に漫画・アニメ・演劇・美術といった文化産業に多くいます。彼らの多くは、アルバイトをしながら、絵を描いたり芝居の稽古をしたりしているわけです。その人たちを「夢追いフリーター」と定義し、支援する枠組みはできないかと始めたのが「トキワ荘プロジェクト」です。

――文化産業の中でも漫画家支援の取り組みをされようと思ったのはなぜですか?

 漫画家はだいたい1人前になるのに、3年頑張ることが一つの目処になります。舞台俳優・女優だと10年くらいかかってしまいます。だから、まず漫画家からやってみようということになりました。出版社の多くが東京にあるため、漫画家志望者は、どうしても上京しなければならない時期があるんです。絶対ではないけれど、ほとんどがそうです。

 漫画家を目指し、東京に出てきた人たちの多くは、(近くに)友達もいないし、親戚もいない。部屋も自分で借りないといけなく、そのためアルバイトをしてお金を稼がないといけない。一生懸命にアルバイトをしているうちに、気が付くと30歳になっているなんてこともザラにある。だからこそ、彼らに安い部屋を提供したら喜んでもらえるんじゃないかなと思ったんです。

1 2 3 4次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会