ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“夢の鏡ケーキ”など可愛すぎメニューを食べてみた!「Q-pot CAFE.×美少女戦士セーラームーン」コラボ第3弾

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乙女の永遠の憧れ『美少女戦士セーラームーン』とアクセサリーブランド「Q-pot.」が手がける「Q-pot CAFE.」コラボ第3弾がスタート! 今回も激かわスイーツが勢ぞろいです。

今回のコラボは、前期メニュー(6/30〜7/25)と後期メニュー(7/26〜8/20)に分かれており、今回は前期メニューをご紹介します。

「スイート・クライシス・ムーン・ケーキ」プレート&スペシャルドリンク付3,900円(税込)

セーラームーンの「クライシスムーンコンパクト」がそのままケーキに! 甘酸っぱいストロベリーにふわふわのジェノワーズ、ストロベリークリームを重ねたすっきりとした味わいの1品です。陶器の月形プレートのイラストは絶対にゲットしたい描き下し。

「甘くとろける夢の鏡」コースター&スペシャルドリンク付2,200円(税込)

一目見た瞬間こちらの心がとろけるほどキュートな夢の鏡。鏡の中にはチョコレートのペガサスが映っています。ベリーソースで味わうティラミス風ムースなので、少し大きめですがペロリと食べられちゃいます! プレートのデコレーションは、ペガサスを狙って忍び寄るアマゾネスカルテットをイメージ。スーパーセーラームーンのコースター付きです。

トゥインクルパフェコースター&スペシャルドリンク付2,500円(税込)

「キャンディカリヨン」のアクセサリーをイメージしたパフェ。トップのバニラアイスにはベリーソース、桃の果肉を添えてピーチメルバ風に。中にはちびうさちゃんの大好物、レモンパイをイメージしたレモンとヨーグルトのクリームが入っていて夏にピッタリ。プリンセス姿のちびうさちゃんのコースター付き! こちらのパフェは前期後期共通メニューなので8月20日まで楽しめます。

上の3つのスイーツセットのドリンクは、「カレイド・ムーン・ソーダ」または「デッド・ムーンズ・アマゾンカクテル」を選択できます。

「カレイド・ムーン・ソーダ」

セーラームーンの技「ムーン・ゴージャス・メディテイション」をイメージ。カレイドムーンスコープのストローで、クルクルとかき混ぜると、カラフルな琥珀糖が舞い、万華鏡のようにキラキラときらめきます。味はピンクグレープフルーツソーダなのでサッパリ。

「デッド・ムーンズ・アマゾン カクテル」

アマゾントリオをイメージしたカラーリングが憎い! ジルコンのストローを添えた、ほろ苦いカフェモカにオレンジが香るちょっぴり大人なドリンク。お好みでカルーアを注いで召し上がれ。

店内には描きおろしイラストのセーラー戦士たちがずらり。こちらはキャストさんにお願いするとテーブルにお借りすることが出来ます。

セーラー戦士たちをお迎えすれば、さらにキュートな空間に! 好きな戦士を選んでくださいね。

カフェ限定アイテムも販売しています。こちらは「スタリオン・レーヴ グミキャンディ」950円(税抜き)。ちびうさちゃんのイラストが入った瓶。中に詰まったグミキャンディは、まるでクリスタルのようにキラキラ輝いています。アップル、マスカット、ピンクグレープフルーツ味のグミキャンディ入りなのでみんなでワイワイ楽しみましょう。

その他にもQ-pot.コラボアイテムを買うことができるのですが、注目はこちら! 「ルナ ビスケット トートバッグ」は、ルナをイメージしたかわいい外観に、内側にビニールポケットがついているのでお気に入りのセーラームーンアイテムを飾れる“オタバッグ”仕様! カフェでもらったコースターもいれちゃう?!

「ムーンフェアリーズビスケット缶」はプレーンとココアの2種類で1600円(税抜き)。食べごたえのある厚焼きビスケットはかわいい缶のパッケージでお土産にもピッタリです。

その他にも「甘い夢の鏡のタオル」1,000円(税抜き)や、クリアファイルセット3種類、各1,000円(税抜き)など胸キュンアイテムが勢ぞろいです!

タキシード仮面様も♡ 撮影が止まらないキュートな店内はあなたの乙女度を燃え上がらせてくれること間違いなしです! メニューなど詳しくはQ-pot CAFE.公式サイトをチェックしてくださいね。

「Q-pot CAFE.×美少女戦士セーラームーン」公式サイト
http://www.q-pot.jp/sailormoon3/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。