体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたもジェダイになれる! 『Kinect スター・ウォーズ』を体験してきました!

Kinect スターウォーズプレイ画面

全国の『スター・ウォーズ』好きの皆さん! 2012年4月5日、とうとうXbox360専用ソフト『Kinect スターウォーズ』が発売されましたね。筆者は発売前にメディア体験会にて一足お先に遊んでまいりましたので、動画を交えてご紹介したいと思います。

まずは『ジェダイ ディスティニー“ダークサイドの台頭”』。これはプレイヤーがジェダイとして敵と戦っていくモードです。共和国を揺るがす悪と対峙する旅のなかで、ジェダイの修行を積み、フォースをマスターしていきます。シリーズ6作品に基づいた『スター・ウォーズ』の世界で、あのライトセーバーを操ることができます。利き手でライトセーバーを振りかざし、もう片方の手でフォースを自在に扱う。ほとんど自分が動いた通りにキャラクターが動き、気分は完全にジェダイ!! 夢中になりすぎて汗だくになりました。

ギャラティックダンス

つづいて『ギャラティックダンス』。『スター・ウォーズ』をテーマとしたポップ・ミュージックの数々でクールなダンスを楽しめるモードです。ダンスは大変苦手なのですが、画面のキレイなお姉さんが自分だと思い込み、一生懸命踊って参りました。きっとこの動画の私はとってもまぬけに違いない。動作を間違えると赤く光り、ポイントをきちんとおさえると“Perfect”や“Good”と青く表示されます。ダンスを完璧にマスターするもよし、ポイントを押さえて最小限の動きで高得点をとるもよし、だと思います。

ランコア ランページ

次に体験したのは『ランコア ランページ』。なんと『エピソード6/ジェダイの帰還』でルーク・スカイウォーカーが戦ったモンスター、ランコアになって暴れまくれるモードです。腕をふるい、叩きつける、ジャンプして建物にダイブする、など身体の動きでとにかく壊しまくります。ときには人や物をつかんで投げたり、飲み込んだり。暴れれば暴れるほどポイントがもらえます。イライラしたときにやれば、ストレス解消になること間違いなしですね。

最後に挑戦したのは『エピソード1/ファントム・メナス』で印象的な『ポッドレース』。“銀河でもっとも危険なレース”でチャンピョンを目指すモードです。ダンスに続き、レーシングゲームが大の苦手な自分はやっぱり逆走しました。そのときのナレーションが面白かったです。それでもなんとか三位になって表彰台の上に立つと、私が動いたとおりにポーズを決めてくれて楽しかったです。

・Kinect スターウォーズ プレイ動画1
http://www.nicovideo.jp/watch/1333667076


こちらの4種類のモードを遊んだプレイ動画は一番下にリンクを貼っておりますので、よろしかったらご覧ください。

あともう一つ『デュエル オブ フェイト』というジェダイがダークサイドと一対一の対決ができるモードがあるのですが、今回の体験会では残念ながらできませんでした。あのダース・ベイダーとも一対一で戦えるので、ぜひともやってみたいですね。

1 2次のページ
Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。