体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プラスサイズですがなにか? 渡辺直美との共通点が多い米ぽっちゃり女子ダンサーの名前は「アキラ」

洋の東西を問わず、社会から否定的に扱われてきた感のあるちょっと太めの女性達。渡辺直美を筆頭とする女性芸人達の好感度もあってか、日本では「ぽっちゃり女子」という名称が一般的になりました。『ラ・ファーファ』といった雑誌や渡辺直美がプロデュースする『PUNYUS(プニュズ)』というアパレルブランドまで登場しています。

海の向こうアメリカでは「プラスサイズ」という呼称が一般的です。高カロリーなアメリカの食習慣が影響してか、プラスサイズの女性が日本よりはるかに多いのがアメリカの一面だったりします。ビジネスとしての注目度も高まってきていて、今年の3月には『ナイキ(NIKE)』が北米・西欧市場向けにプラスサイズコレクションを発表しています。また、朝日新聞デジタルによれば、ワコールのプラスサイズ女性向けブランド『Elomi(エロミ)』は「海外で売上高を伸ばしている」とのこと。

2014年にメーガン・トレイナー(Meghan Trainor)がプラスサイズであることを肯定的に歌った『オール・アバウト・ザット・ベース(All About That Bass)』が大ヒットしたことがきっかけかどうか定かではありませんが、アメリカでも最近プラスサイズの女性達の活躍が目立ちます。

Meghan Trainor – All About That Bass(YouTube)
https://youtu.be/-Ok6n_Cjmac

トップモデルしか表紙を飾ることが許されないことで知られる雑誌『スポーツ・イラストレイテッド(Sports Illustrated)』が毎年発売する大人気の水着特集号。これまでにもケイト・アプトン(Kate Upton)や、元NYヤンキースのデレク・ジーターと結婚したハンナ・デイヴィス(Hannah Davis)などが表紙を飾ってきました。2016年の水着特集号で表紙を飾り、一躍時の人となったアシュリー・グラハム(Ashley Graham)はプラスサイズ女性のトップランナーの一人でしょう。

アシュリーは2016年秋にはプラスサイズのアパレルブランド、『レーンブライアント(Lane Bryant)』の#ThisBody Is Made to Shineというキャンペーンのプロモーション動画で映画『プレシャス』の主演女優ガボレイ・シディベ(Gabourey Sidibe)や俳優のアンディ・ガルシアの娘アレッサンドラ・ガルシア(Alessandra Garcia)などと共演しました。#ThisBodyと名付けられたキャンペーンはプラスサイズの女性達へのポジティブメッセージで構成されています。「スポーツ・イラストレイテッドを台無しにした」と自分に対して投げかけられたSNSの否定的なコメントに対して「私から見るとより良い雑誌になっただけ」という彼女の絶妙な切り返しのコメントの影響もあってか、再生回数が600万回を超えるなど話題となりました。

#ThisBody Is Made to Shine | Lane Bryant Fall 2016(YouTube)
https://youtu.be/Z5wpn1QwOmQ

ユニークな動画プロモーションに定評のあるユニリーバのブランド『ダブ(Dove)』の『リアルビューティー・キャンペーン』シリーズの新作動画もプラスサイズの女性にフォーカスしています。登場するのはFat Girls Danceというダンスユニットを率いるキャスリーン・メレディス(Cathleen Meredith)。300万回以上の再生回数はプラスサイズの女性達に対する注目度の表れでしょう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。