体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Maison book girlインタビュー「解釈は聞いてくれた方の“image”にまかせます」

IMG_2004_f

矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミにより、2014年に結成されたニューエイジ・ポップ・ユニット「Maison book girl(メゾンブックガール)」。音楽クリエイター・サクライケンタ氏による個性的な旋律と歌詞が一度観たら忘れられないインパクトを残す“ニューエイジ・ポップ”な音楽性が人気を呼んでいます。

4月5日にはアルバム『image』をリリース。プロデューサー・サクライケンタ氏による11曲は、いずれも個性的で“ブクガだから出来る”楽曲ばかり。ファンはもちろん、初心者も必ず虜になってしまう唯一無二の魅力がつまっています。

今回は、Maison book girlのコショージメグミさん、矢川葵さん、井上唯さん、和田輪さんにインタビューを敢行。アルバムについて、お互いの印象と今について、色々とお話を伺ってきました。

IMG_2001_f

Maison book girl

IMG_2023_f

コショージメグミ

IMG_2051_f

矢川葵

IMG_2072_f

井上唯

IMG_2084_f

和田輪

―『image』、とてもカッコ良くて素晴らしいアルバムでした。聴き続けています。本作のテーマというかイメージは何ですか?

井上:テーマはズバリ“Maison book girl”です。昨年リリースしたメジャーデビューシングル『river』は、ブクガらしさももちろんあったんですけど、多くの人に届く様にサクライさんが曲を作ったのかなと思っていて。今回のアルバム『image』は『cloudy irony』では無くて『karma』が収録されているという事も、よりブクガの世界観が強く出ている1枚だなと思います。

―曲やアルバムを作る際、サクライさんからテーマやイメージの共有はあったりするのですが?

和田:いえ! サクライさんが曲を作って「出来たよ」って渡されてそれぞれに解釈する感じです。「これはこういう意味だよ」とおしつけるのではなくて、皆んなが違う解釈で良いんだよ、と言われます。

―聴く側もそれぞれの解釈で良いということですよね。

和田:はい、“image”していただければ。

コショージ:ふふ、うまいこと言ったね。

―『karma』はメロディもリズムも歌詞もライブでのパフォーマンスも“ブクガここにあり”という感じのすごくカッコイイ楽曲ですよね。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。