体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1台3役?『ワイヤレス トラックボールマウス』製品レビュー

製品パッケージ


アクロスから『USB2.4GHz ワイヤレス トラックボールマウス』が登場。一見、ただのワイヤレス型トラックボールに見える本製品、実はマウスとしても機能する優れもの。さらには付属単4電池の充電器としても機能する合わせ技も持っているのです。

内容物一覧


– 概要
箱の中には、本体であるトラックボールマウス、レシーバ、単4充電池2本、USB延長を兼ねた単4充電器などが入っています。冒頭でも説明した通り、本機はトラックボールにもマウスにもなるという特徴を持っています。背面センサの働きにより、卓上に置いた状態だとマウスとして機能し、持ち上げたときにはトラックボールとして動作します。つまり、置いた状態ではトラックボールとして機能しないのでその点は注意です。

マウスとして使う


– 使う場面
そういった点を踏まえつつ「そもそもトラックボールとマウスの両方使う機会ってあるのかな?」などと考えながら触ってみたのですが、これは場面によってはかなり有効かもしれません。たとえば、スクリーンの前でプレゼンをしなければならない場合などでは威力を発揮しそうです。あるいは、寝そべったままPCを操作したいというモノグサな人にもおすすめです。

トラックボールとして握る


机の無い場所でマウス操作をするのはかなり困難ですが、この『ワイヤレストラックボールマウス』なら宙に浮いた状態でトラックボールとして使うことが出来ます。もちろんワイヤレスなのでPCが離れていても大丈夫。遠い場合には、付属のUSB延長もあるので、送受信機ごと延長してしまえるのです。

– 使用感
導入にあたっては特殊なドライバも必要なく、接続すればそのまま認識してくれました。本体自体は重量126グラムと、軽すぎず重すぎずといったところ。およそ卵1個程度です。大きさは縦125mmですので、マウスとしてはまあまあ大きめです。サイドの形状が指に引っかかりやすく、ホールド感は良好でした。トラックボールモードのときは、ピストルを持つ時のようなスタイルで指を引っかけやすいデザインです。人差し指が当たる部分には別途、左クリックボタンがあるのもなにげに便利ですね。

トラックボール手前から

単4充電池の充電器としての機能もあるUSB延長部分ですが、充電時間は約5時間だそうです。

延長ケーブルとともに使う

このちょっぴり風変わりな『ワイヤレストラックボールマウス』、場面次第でかなり強力なアイテムとなるのではないでしょうか。

■関連記事リンク
自動給紙で両面同時に超高速スキャン可能な『ScanSnap S1500』製品レビュー
「HDDが好き」少年少女必携のアイテム『5代目 技あり!楽ラック!』製品レビュー
大きいことはいいことだ!光学式トラックボール『オプトトラックボールPro(MA-TB38BK)』製品レビュー
TVリモコン感覚!ワイヤレスキーボード『IRC-01』製品レビュー
リバースアダプターで「超高倍率撮影を!」製品レビュー

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。