ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

清水富美加さんの「給料5万円」に対し和田アキ子さん「私は3万円だった。どんなに辛かったか」発言が物議

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アッコにおまかせ

2月19日、和田アキ子さんが司会をつとめるTBS「アッコにおまかせ!」が放送された。
番組では、2月12日に芸能界を突然引退し幸福の科学に出家、17日に告白本「全部、言っちゃうね。」を出版した清水富美加さんについてトークが行われる。
清水富美加さんの本を読んだという和田さん。信仰の自由があることから、「意外にどこの局もモゴモゴしちゃってんだよね」と語る。
清水さんの給料について話題が移り、

2014年の途中までは月5万円だったと思います。(中略)
(2016年には)年収1千万円は確かにいただいてましたが(以下略)

という告白本の内容が紹介されると、和田さんは

「しかし(清水さんの年齢は)22でしょ? 22で1千万て今普通のOLでいないですよ? ホントに。スゴイじゃないですか」
「5万円!? 私なんかデビューしたとき3万円の中で、『世界に君は出ていくんだ』って(言われて)タダだと思ったら1万8千円の下宿代を引かれたんだよ? どんなに辛かったか、ホンマに」

と語り共演者の笑いを誘っていた。

また、坂上忍さんが「バイキング」で

(若手の)ギャラなんて微々たるもの(中略)僕らの若い時もそうでした。

と語っていたことが紹介されると、和田さんは
「そうだよね。最初はみんなそんなもんでしょ」
と頷いていた。

しかし、和田さんがレコードデビューしたのは1968年で、その時代の大卒初任給は約3万円だったようだ。清水さんは大卒初任給が約20万円の状況下での5万円ということから、今回の和田さんの発言はいろいろと物議を醸しているようである。

※画像はTBSのサイトより引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。