ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Google、Android Things Developer Preview 2をリリース、TensorFlowのサポートなどを追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 2 月 10 日、IoT 機器用の Android OS 「Android Things」の Developer Preview 2(DP2)をリリースしました。Android Things は Android API や Google サービスの利用を可能にした IoT(Internet of Things)機器のための OS で、Android Studio でアプリを開発できるほか、Gogole によるセキュリティアップデートが提供されるなど、IoT 機器用のソフトウェアを開発するための包括的なソリューションと言えます。Gogole は DP2 以降も 6 ~ 8 週間のサイクルで新しい DP 版をリリースしていくことも明言しています。今回の DP2 では、Google が開発したオープンソースの人工知能ソフトウェアライブラリ「TensorFlow」をサポートし、Android Thinsg 端末で機械学習技術とコンピュータビジョン技術を活用した独自の機能を提供することが可能になりました。Google は TensorFlow のサポートと併せて、いくつかのサンプルアプリやドキュメントも公開しています。また、Intel Edison と Raspberry Pi 3 向けハードウェア抽象化レイヤー(HAL)に USB オーディオのサポートを追加し、Peripheral API に対して C/C++ のネイティブコードでアクセスすることを可能にするライブラリ群のサポートも追加しました。このほか、Bluetooth デバイスや PIO に関連する多くのバグも修正したとしています。Source : Google

■関連記事
Android用「Googleマップ」v9.46のベータ版が公開、クチコミ共有やトップページでのレイヤ変更、新しい通知項目が追加
「dポイント」が東急ハンズで利用可能に
Chrome 56でWebVRが利用可能に、Daydream VRヘッドセットも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。