体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

耳をふさがず周囲の音や声が聞こえるイヤホン『ambie sound earcuffs』 ソニーのジョイントベンチャーが発売

耳をふさがず周囲の音や声が聞こえるイヤホン『ambie sound earcuffs』 ソニーのジョイントベンチャーが発売

ベンチャーキャピタルのWiLとソニービデオ&サウンドプロダクツが共同出資で設立した合弁会社のambieは2月9日、耳をふさがずに音を聞くことができるイヤホン『ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)』の販売を開始したことを発表しました。

ambie2 ambie3

『ambie sound earcuff』は、耳の耳殻を挟むように装着するイヤホン。耳をふさがないため周囲の音や声が聞き取れ、会話もできるのが特徴です。鼓膜への負担が少なく、長時間使用していても疲れにくい、汗がたまりにくく耳の穴が蒸れにくい、コードがすれる際のタッチノイズや自分の呼吸がこもって聞こえる不快感がない、といったメリットがあります。

ambie4 ambie5

装着すると耳の後ろに位置するスピーカーで音を鳴らし、パイプを通って耳の穴に近い先端部へ音を届ける構造になっています。

ambie6 ambie7

製品発表会『耳を塞がず音を楽しむ新感覚イヤホン、ambie(アンビー)製品発表会』では、ambie代表取締役でWiLのCo-founderである松本真尚氏が登壇。「大企業のノウハウをベンチャーとして世界に発信する。アメリカでは大きな影響力を持っているミレニアルズ世代をターゲットに絞って製品にしていく」と、ambie設立の狙いを語りました。

ambie8

続いてambieの開発責任者である三原良太氏が登壇、『ambie sound earcuff』の特徴について「形状も新しいが新しい音楽体験ができる」と説明。

ambie9 ambie10

発表会参加者に『ambie sound earcuffs』のサンプルが配布され、各自がスマートフォンなどにつないで音楽を聴きながら発表会を取材するという、ユニークなスタイルで発表会が進行しました。筆者も体験しましたが、音楽が外から聞こえるような感覚で、発表会の音声も問題なく聞き取ることができたのが印象に残っています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。