体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東村アキコ推薦!ツッコミどころ満載な「谷ゆき子」のかなしいバレエマンガは、昭和40年代、少女マンガの王道だった

%e3%81%82%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%a6

※本記事で使用している画像はすべて『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』(立東舎)のものです。

あけましておめでとうございます。(あ、泣いてる!)

谷ゆき子さんといえば、昭和40年代、小学館の『小学一年生』など学年誌の売り上げ絶頂期を支えた大人気バレエマンガ家です。

%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%aa%e8%b0%b7%e5%85%88%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%882

「白鳥の星」「バレエ星」「さよなら星」……100万人の読者が手に汗握り次号を待った衝撃のバレエマンガをいくつも連載していたわけですが、なぜか一度も単行本化されなかった幻の作家でもあります。

cover%e6%96%9c%e3%82%81

21世紀に入り、『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』としてまさかの大復活を果たすのですが、“超展開”ってどういうこと!? 谷ゆき子さんの作品について迫ってみましょう!

【ツッコミどころ①】滝に打たれて修行してたら、意地悪なライバルのせいで上から岩が!

%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e5%b2%a9%e3%81%8b%e3%82%99

(「バレエ星」より)

主人公のかすみちゃんは、立派なバレリーナになるために日々猛特訓。バレエのために滝行(なぜ!)をしているところへ、最凶の天敵である花田バレエ研究所の後継者・あざみちゃんから意地悪な一撃が! なぜ石を投げる!? あぶないかすみちゃん!

りっぱな バレリーナに
なれますように……と、
おいのりする
かすみちゃんの 上に、
大きな いわ!

※注:バレエマンガです。

【ツッコミどころ②】一般家庭で虎は飼ってはいけません

%e8%99%8e

(「さよなら星」より)

間貸した老夫婦はとんでもない人たちでした。すずらんちゃんとゆりちゃんを庭の物置小屋に追い出した上、なんと虎をペットにしていました。すずらんちゃん必死のお願いにも開き直り&逆ギレ。

おや、
とらを かっては
いけないと
いうのかい。

※注:バレエマンガです。

【ツッコミどころ③】どんな時もツッコミは忘れない

%e3%81%bb%e3%81%97%e3%81%8a

(「さよなら星」より)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。