体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バルミューダから“炊飯器”が登場 蒸気で炊き上げる二重釜構造で価格は4万1500円

DSC_0207

最近では高級トースターの代名詞ともなっているバルミューダが、新たに炊飯器『BALMUDA The Gohan(バルミューダ・ザ・ゴハン)』を発表しました。

DSC_0299

カラーはブラックとホワイトの2種類で、価格は4万1500円(税抜き)。1月12日よりバルミューダオンラインストアで予約受付を開始し、2月下旬より出荷を予定。主要家電量販店や百貨店などでも順次予約を開始します。

蒸気のチカラで炊き上げる二重釜構造

トースター、電気ケトルに続くバルミューダのキッチン家電新製品は、「土鍋より美味しい」ことを目指して開発された新構造の炊飯器。

DSC_0080

発表会に登壇した同社代表取締役の寺尾玄氏は、「かまどや土鍋など、直火で炊いたごはんはとても美味しい。ガス火と比較して約3分の1のエネルギーしかない電気炊飯器を使って美味しいごはんを炊き上げるには、全く新しい炊飯方式が必要でした」と説明します。

DSC_0223

そこで考え出されたのが、釜を二重にして蒸気のチカラで炊き上げる新製法です。

DSC_0250 DSC_0220

アルミ素材(フッ素コート)の内釜には米と水を入れ、さらにステンレス素材(フッ素コート/耐熱性樹脂)の外釜には蒸気を作り出す水を加えます。

DSC_0055

電気エネルギーによって加熱されるのは外釜のみ。内釜に入った米と水は、外釜から発生した蒸気のチカラだけで炊きあげられることになります。

DSC_0056

土鍋のようにゆっくりとした加熱を可能にするためには耐熱性が必要。釜を分厚くするのではなく、逆に中空にすることで蒸気が持つ高い耐熱性(厚手の鉄釜の数倍~数十倍)を利用するのが狙いです。

DSC_0188
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会