ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片手でペン先を出し入れできる高級スマホタッチペン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォン用タッチペン「Su-Pen(スーペン)」シリーズに、グラビティドロップモデル「Su-Pen P201S-GDS」が11月25日(金)より登場。

片手で取り出し、片手で収納したいというニーズに応え、新機構であるグラビティドロップ機構を搭載し、片手でペン先を出し入れできるようにした。また「Su-Pen」でもっとも重い34gにして、しっかりした書き心地を実現。高い耐久性と高級感を実現するために、真鍮にパールクロームメッキを施した。

特殊な導電性繊維と4重構造を有するペン先は交換も可能で、抜群の書き味を実現。本体のサイズは長さが11.2cm(収納時9.4cm)、太さは9.5cmとなっている。

Amazon内のMetaMoJi直営店・7knowledgeショップまたはSu-Pen取り扱い店舗にて税別3600円で販売。

スマートフォンを操作できるタッチペンは、一度使うとその快適さに喜びを感じる。特に、冬はかじかんだ指先で画面をタッチするより、タッチペンの方が楽。高級感が漂い、使い手のニーズに応えるアイテムなのでぜひ使ってみたい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP