体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京から約1時間!でも降りたことある?静岡駅周辺の知られざる穴場&グルメ巡り

161028-135

突然だが、静岡駅に降りたことはあるだろうか?筆者は一度も降りたことがなく、新幹線で通りすがるたび「大きな駅ビルがあって都会だな~」とだけ思っていた。今回は観光目的で行くことの少ない、静岡駅周辺(静岡県静岡市)の知られざる観光スポットとグルメを巡ってみた。

意外!?マグロの水揚げ量日本一の清水港

静岡駅から車で約30分ほど東にあるのが清水港。

_dsc3659

清水エスパルスのお膝元らしく、サッカーボールやJリーガーの足型があり、まさに『日本のブラジル』といった感じ。

実は、清水港は冷凍マグロの水揚げ量日本一。東名高速道路があり、日本の真ん中あたりに位置するアクセスの良さから、水揚げされたマグロは、一旦清水港に冷凍保存されたあと、清水市内や近郊の工場で刺し身などの食材に加工されて、全国に出荷されていく…というわけ。

161027-022

その水揚げ量は国内の約50%を占め、刺し身以外ではツナ缶などの製造も盛ん。付近には『はごろもフーズ』はじめ、缶詰工場も多く存在している。マグロと言えば大間、三崎というイメージだけど、実は清水だったとは!

161027-002

また、清水は人口あたりの寿司屋の数が多い町でもあるそう。エスパルスドリームプラザ2Fには、その名もズバリ『寿司ミュージアム』が。

161027-012

普段何気なく食べている寿司の歴史や文化に触れることができる。

161027-005

中には”鮪大明神”と書かれた神社も。おみくじも…

161027-007

でも中はなぜか普通の花みくじ。マグロみくじを期待しただけにちょっと残念。

161027-017

同プラザ1Fには、マグロの希少部位を扱う鮮魚店や、美味しいマグロづくしがいただけるイートインがずらり。

161027-018

今回は『バンノウ水産』にて豪快八種盛り定食をいただく。可愛すぎるモデルさん!。

161027-019

メバチマグロの赤身・中トロ・頭・頬肉に、ビンチョウマグロの刺し身とネギトロ。メバチとキハダマグロのネギトロに、サーモンたたき。豪華過ぎる…!

161027-021

醤油に青のりを溶いて食べるのがオススメだそう。どれも美味しかったが、特にビンチョウマグロのネギトロにハマってしまった。独特のモッチリ感と、淡白な美味しさが普通のネギトロとはまた違って新鮮だった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy