体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日立初のロボット掃除機はコンパクトボディで勝負 想定価格10万円前後で11月19日より発売

IMG_9888

日立アプライアンスは、同社初となるロボット掃除機『minimaru(ミニマル)』(型番:RV-DX1)を発表。11月19日より発売し、価格はオープンプライス、店頭価格は10万円前後を想定しています。都内で開催された記者発表会では、狭い場所でもしっかり掃除できるコンパクトさが強調されました。

本体幅25cm、高さ9.2cmのコンパクトボディ

IMG_0056

『minimaru』はシャンパンゴールドとブラックの2色で展開し、重量は約2.3kg。

IMG_9874

本体幅25cm、高さ9.2cmという業界トップクラスの小さなボディが特徴で、テーブルやイスの脚の間、ソファやベッドなど高さが低い場所にも入り込んで掃除することが可能です。

IMG_9927

日立調べのデータによると、テーブルセットのイス脚の間隔(n=381)は、ロボット掃除機の本体幅30cm以下の場合で約90%をカバー。ソファなどの脚付き家具(n=174)は、高さ10cm以下で約80%をカバーできるとのこと。

IMG_9948 IMG_0013

また、部屋の角を掃除する際も、直径が小さいほど隙間なく掃除ができると説明されました。

IMG_9942

本体幅が小さくなったことで、当然ながら移動距離に対する掃除面積も小さくなります。その問題を解決するため、専用に独自開発した走行制御『minimaru AI』を搭載。毎秒250回の高速なセンシングによって壁や家具などの周囲状況を素早く判断し、状況に合わせて100以上のパターンから次の動作を選択します。作業効率を上げるために、走行や回転などの動作を素早くする工夫も施されています。

シンプルな機能

IMG_9987
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。