体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【セブに分割留学!】2学期-4 巨大ショッピングモールでハプニング!

01-2016-09-13-08-05-27_r

語学留学といえば聞こえはいいが敷居は高い。
そこで、記者が3週間の滞在を、3回繰り返すいわば『分割留学』をしながら、時系列で語学留学の実際をレポートする『セブに分割留学!』。

10回目は巨大ショッピングモールで記者のつたない英語が役に立った事件をその経緯と背景を交えてお伝えする。
買い物情報も盛り込んだので旅行者もご覧いただくと役に立つだろう。

02-2016-09-13-08-05-44_r

留学しているQQEnglishでは、初日に「My Journal」という1冊のトートを渡される。任意ではあるがこれに好きなことを日記でもいいし、思い出でもいいし、感じたことでも自由に書いていく。ただし英語で最低100ワードは必要だ。
それを1週間に7記事を書いて先生に添削してもらい、翌週にフロントにいるカウンセラー役でもあるHEART先生に確認してもらうと、オリジナルグッズをもらえる。

03-2016-09-13-08-08-00_r

記者はとりあえず最初の1週間を制覇してオリジナルボールペンをゲットした。
毎日8時間の授業を受けると、自然と日本語に訳すことをしなくなる。
ダイレクトに英語で答えているのが不思議だ。
ただし、単語やフレーズのインプットをする時間が記者にはほとんどないので、中学校か高校程度の英単語を駆使していることになる。しかし、忘れていたフレーズや単語を記憶の底から引っ張り出すことができているような気がするので、しゃべっている気になる。

04-2016-09-13-08-10-28_r

そして、1週間無遅刻、無欠課、無欠席を貫くと、学校内のカフェで使えるミールかドリンククーポンをもらえる。
そんなこんなで、何となく英語で意思疎通ができているような気なすると、インプットもろくにしていないくせにアウトプットをしたくなるのが人情だ。

2016-10-07-18-41-32_r

さて、ITパーク校は街中にあるのだが、セブ市内にいくつもある巨大ショッピングモールのうちの一つであるSMモールに放課後に行ってみた。金曜日の夕方だったので渋滞に巻き込まれタクシーで100ペソくらいかかった。とはいえ200円程度だ。
入り口では、当然セキュリティチェックがある。
銃を持っている旅行者や留学生はいないだろうが、銃器は持ち込みできない。

2016-10-07-19-19-19_r

電化製品売り場は日本のメーカーが頑張っている。欧州メーカーと並んで日本製は超高級品だ。

2016-10-07-19-21-49_r

巨大モールの中に映画館があるのは日本と同じ。
英語の字幕があるそうなので、映画で勉強したい人は行ってみることをお勧めする。
ただし、聞いた話では結構うるさいらしい。

2016-10-07-19-27-50_r

日本のメーカーは個別に専用のショップを持っているところもある。やはり高級品なので人がたかっていることはない。

2016-10-07-19-32-31_r

パソコンはロースペックでインターネットでができればそれでいいという程度のものであれば、英語キーボードにはなるが、2万円程度から新品が手に入る。

2016-10-07-19-41-11_r

ユニクロも入っていて、値段はやはり安い。

2016-10-07-19-51-18_r

そして、いよいよスーパーマーケットに移動した。途端にガス臭いにおいがしてきた。
まさかガス弾によるテロでは?とは思わなかったが、東南アジアを旅する人であればピンと来るはず。
そう、ドリアンだ。1個250円くらいで手に入るが、強烈なにおいなので持ち帰りには注意したい。

2016-10-07-19-53-00_r

コカ・コーラのペットボトルを買うとおまけにトイレットペーパーがついてくるあたりは、常時トイレットペーパーを持ち歩かなければならないフィリピンらしいおまけだ。

2016-10-07-19-54-32_r

以前に紹介したベビーパウダーの類は、さまざまな種類のさまざまな大きさのものが取りそろえられている。
何個買っても大した値段ではないので大人買いして構わない。

2016-10-07-20-05-13_r

よくわからない日本語が書かれているクッキー。製造を見るとフィリピン製だった。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。