ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新iPhoneはオールガラス製の筐体に!?2017年にも発表か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2017年度リリース予定の新iPhone本体のエンクロージャー(本体を覆う筐体部分)が、全部ガラスになるというウワサが流れている。

・AppleパートナーのFoxconnが昨年より取り組む?

報じているのは“Nikkei Asian Review”。Appleとパートナーシップを組んでいる台湾の電子機器メーカーFoxconnは、昨年からガラス製シャシーの製造に取り組んでいるという。ただし、製造プロセスなどの詳細は明らかにされていないようだ。

・“Gorilla Glass”という頑丈な強化ガラス

iPhoneに初めてガラス材が用いられたのは、iPhone 4、4sのとき。前面、背面にガラスパネルが搭載された。このガラス材の耐久性が問題になり、訴訟にまで発展したこともある。

とはいえ、普通に日常使用したり、ケアしたりする分には、ほとんどキズがつくことはない。

使われているのはCorning社の“Gorilla Glass”という強化ガラスで、これの改良版“Gorilla Glass 4”はiPhone 6にも使われているものだ。

・2017年度の10周年モデルとして登場か

エンクロージャー部分がすべてガラス製という見た目はインパクト大で、他モデルとは一線を画す。この2017年モデルは、iPhone10周年記念モデルとして登場する可能性がある。

これまで使われてきたアルミニウムに比べ、ガラスはどうしても重いが、ディスプレイにAMOLED(Active Matrics Organic Light Emitting Diode)ディスプレイを採用することで、軽量化を図る見込み。

2017年版の新iPhoneの登場が楽しみである。

iPhone 2017

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP