ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Airbnbを活用したルフトハンザのマーケティング活動がユニーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空き部屋を貸し借りするオンラインマッチングサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」では、これまでに、ツリーハウスや古城、ハウスボート、キャンピングカーなど、ユニークな居住スペースが登録されてきた。

そして、このほど、Airbnbの創設以来、初めて、長距離フライトの座席が“貸出スペース”として登録され、航空業界や旅行業界の内外で話題となっている。

・Airbnbでフライトチケットを販売

「雲の上の快適が、あなたをお待ちしています」と銘打ち、Airbnbでフランクフルトからニューヨークまでのフライトを販売しはじめたのは、独航空会社のルフトハンザ(Lufthansa)だ。

2016年8月23日から12月15日まで有効なフランクフルトとニューヨークの往復チケットを、699ユーロ(8万3,721円)で提供。

投稿された物件情報によると、飛行機の客室を“共用部屋”に見立て、“カウチソファー”代わりのプレミアムエコノミークラスの座席では、専用モニターで映画や音楽などが楽しめるエンターテイメントプログラムやWiFiを自由に利用できるという。

・Airbnbのブランド力を活用したユニークなマーケティング

ルフトハンザでは、2016年3月以降、欧米での政治や経済に対する先行き不透明感の高まりから、とりわけ長距離便の予約が大幅に減少しており、2016年度の業績予測を下方修正した。

Airbnbでのユニークな航空チケットの販売は、Airbnbのブランドを活用したマーケティング活動として、先進的な試みといえるだろう。

Luxury Awaits Above the Clouds – Airbnb

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP