体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さぁさぁ夏バテ知らずの体に!誰でも5分で作れる超簡単デトックスウォーターレシピを管理栄養士さんに聞いてきました

f:id:kensukesuzuki:20160725135256j:plain

水にフルーツや野菜を入れた「デトックスウォーター」は、その名のとおりデトックス(排毒)効果が期待できると言われ、昨今注目を集めている飲み物です。お好みや目的に合わせて食材を用意し、カットして水に浸すだけで作れるというお手軽さから、毎日仕事で忙しいビジネスパーソンにもおすすめできるものとなっております。

今回は、真夏の夏バテ対策として、管理栄養士の平野信子さんに実際にデトックスウォーターのレシピを作成していただきました。寝る前の数十分で作れ、翌朝には楽しめるデトックスウォーターに挑戦してみませんか。簡単ですよ~。

デトックスの前に…そもそも夏バテってなんなの?

f:id:kensukesuzuki:20160725135317j:plain

――栄養学的に見ると「夏バテ」ってどういう状態のことなのでしょうか。

夏はすごく汗をかく季節ですので、脱水症状のほか寝不足になったりして疲れやすくなりがちですよね。「夏バテ」というのは乳酸という疲れ成分が溜まって、そうした疲労がとれない状態のことを言います。その乳酸を取り除くのには、クエン酸が有効と言われています。

――クエン酸ということは、夏の食生活において疲れにくい身体を手に入れるには、酸っぱいものをたくさん食べればよいのでしょうか?

酸っぱいものも必要ですけど、一番はバランスの良い食生活をすることですね。食欲が落ちて、そうめんなどの冷たい麺類を食べる機会が増えると、炭水化物ばかりの状態になりがちですが、そうすると栄養バランスが崩れてビタミンやミネラルが不足し、さらに疲れやすい状態になってしまいます。

――意識的に摂ったほうが良い栄養素はありますか?

特にたんぱく質が不足しがちになる傾向があります。たんぱく質は筋肉を維持する成分です。他にはビタミンB群という代謝を助けてくれる栄養素が不足すると、疲れがとれにくい状態になってしまうので注意が必要です。ビタミンB群は豚肉などに多く含まれています。

栄養管理士から見たデトックスウォーターのメリットとは?

――デトックスウォーターとはどういう飲み物なのでしょうか?

水にフルーツなどを入れることによって、水溶性のビタミンやナトリウムを排出させてくれるカリウムなどの栄養素が溶け出し、それを飲むことで排毒作用が期待できるということで「デトックス」の名が付いているのだと私は認識しています。

――どんな方におすすめですか?

いろいろなフレーバーを楽しんで飲めるので、「ただの水」だと飽きてしまうという方には特におすすめですね。それと食欲がないといった方に、内臓を動かすためにもおすすめできます。胃って何かを入れるだけで動き出すんですけど、さわやかなフレーバーのついた水分だと食欲がないときにも飲みやすいと思います。夜寝る前に作って、朝起きたときの水分補給にも良いですね。

――作る際の注意点はありますか?

どれくらいの栄養素が水に溶け出して補給できているかは不明な部分がありますね。それと清潔な容器で作り、冷蔵保存しないと菌が繁殖しやすいので注意した方が良いですね。また、果物についたワックスや農薬などはしっかりと洗い落として使用するようにしましょう。

1. レモンとライムのリフレッシュデトックスウォーター

f:id:kensukesuzuki:20160725135345j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。