体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)設定メニューのスクリーンショット

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)の「設定メニュー」の内容をスクリーンショットで紹介します。『Nexus S』用のテストROMの内容なので、リリース版のAndroid 4.0とは異なる部分があるかもしれません。

無線とネットワーク

「設定メニュー」トップページにWi-Fi、BluetoothのON/OFFトグルが表示されるようになっています。「データ使用」では、モバイルネットワーク、Wi-Fi、ローミング時の通信量をグラフ表示することができます。「その他…」(右図)では、機内モードやNFC、テザリングのON/OFFや設定を行うことができます。Ice Cream Sandwichでは、既存のUSB、Wi-Fiテザリングに加え、Bluetoothテザリングもサポートされているようです。また、NFC端末同士でNFCを使いデータの送受信が行える「Android Beam」がサポートされており、設定中の「Tap to share」でその利用設定ができるようになっています。

音の設定

Honeycomb以前と内容に違いは見られないようです。

画面の設定

新たに「壁紙」が追加されています。また、UIのフォントサイズを極小、特小、小、中、大、特大、極大で変更できるようになっています。

ストレージ

内蔵ストレージとmicroSDなどの外部ストレージの使用率を、Honeycombと同じように確認できるようになっています。アプリ、メディア、ダウンロードファイルで色分け表示されます。

電池

Gingerbread以降、「端末情報」→「電池使用量」で表示されていた項目がトップページに表示されるようになっています。

アプリケーション

Gignerbread以降に搭載されている「アプリケーション」の内容と違いはなさそうです。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。