ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wileyfox、CyanogenOS 13を搭載した低価格スマートフォン「Spark」「Spark+」「Spark X」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英国の新興スマートフォンメーカー Wiletfox は 6 月 28 日、CyanogenOS 13 を搭載した新型スマートフォン「Spark」「Spark+」「Spark X」を発表しました。まずは本日より Spark の予約受付が行われています。Spark+ と Spark X の予約はまだ行われていません。この 3 モデルは Android 6.0 ベースの CyanogenOS 13 を搭載した低価格なスマートフォン。価格は £89.99 ~ £129.99 とかなりリーズナブル。Spark は 5 インチディスプレイを搭載した最安モデルで、Spark+ の Spark からメモリを強化した上位版。Spark X は 5.5 インチ画面を採用した大型モデルになります。各機種の主要スペックはけっこう共通しているのでまとめて紹介しますと、5 インチ(Spark と Spark+) / 5.5 インチ(Spark X) 1,280 x 720 ピクセルの IPS 液晶、MedaiTek MT6735 クアッドコアプロセッサ、1GB(Spark) / 2GB RAM(Spark+ と Spark X)、8GB ROM(Spark)16GB ROM(Spark+ と Spark X)、Micro SD カードスロット(128GB)、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、2,200mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、LTE、デュアル SIM に対応しています。Source : Wileyfox

■関連記事
ゲオ、楽天モバイルのSIMカードやスマートフォンの取り扱いを開始
Xperia XA Ultra、台湾で7月上旬に発売
Android Nで刷新されるナビゲーションボタンをCyanogenModで再現できるテーマアプリがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP