体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)標準ブラウザのスクリーンショット

Android 4.0のSDK ROMを『Nexus S』にインストールして撮影したAndroid 4.0のスクリーンショット(ブラウザ編)です。カスタムROMなのでリリース版のAndroid 4.0とは異なる場合があります。Ice Cream Sandwichをスマートフォンで使用した場合、GingerbreadまでのブラウザとUI、機能において大きな違いを感じると思います。内部にも手が加えられていると思いますが、Honeycombブラウザをベースに、スマートフォンの小さな画面でも使いやすくしたような感じというのが第一印象。

ブラウザ起動直後の画面

1枚目の図はブラウザを起動した直後のものです。アドレスバー右にはタブ一覧にアクセスするためのボタンです。アドレスバー左のファビコンをタップするとデスクトップ表示に切り替えることができます。デフォルトはモバイル表示です。デスクトップ版でしか表示されないコンテンツをすぐに表示できるので、この機能は正直うれしいです(デスクトップ表示されないページもあります)。次の図はランドスケープ表示のスクリーンショット。

タブ一覧とブックマーク・履歴・保存ページ

左の図は前述のタブ一覧です。各タブを左右にフリックすると個別に閉じることができます。タブ一覧上部右に表示されている2つのアイコンですが、左は新規タブの追加ボタン、右はブックマーク・履歴・保存ページボタンです。Gngerbreadまでのブラウザでは、アドレスバーにブックマーク一覧ボタンが表示されていましたが、Ice Cream Sandwichでは、それがタブ一覧ボタンに変更されているので、ブックマークなどにアクセスするためには2度のタップが必要になります。ブックマークなどには、「menu」ボタンを押して表示されるメニューからでもアクセスできます。

Ice Cream Sandwichでは、『Google Chrome』とブックマークを同期できますが、このROMでは同期されませんでした(仕方がまずかった?)。

「menu」ボタンのメニューとページの保存

次の図左は「menu」ボタンを押したときに表示されるメニューです。UIが変わっていますね。また、シークレットタブ(Honeycombには存在しています)とページの保存機能が新たに追加されています。保存ページはブックマークメニューの「保存したページ」で確認することができます。保存したページはオフラインで閲覧することができます。ちなみに、保存したページを他のアプリと共有することができなさそうです。

アドレスバー

アドレスバーは検索ボックスにもなります(従来どおり)。新機能としては、『Google検索』と同じように、履歴や候補の文字列をバーに挿入できるようになったことでしょうか。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。