ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】1959年創業!今も変わらない伝説のカツカレーを食す! @『かんだ食堂』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェット通信がオフィスを構える秋葉原の”食の充実っぷり”はパネェ感じで御座います。特にここ数年は圧倒的とも言える新店ラッシュで、都内でも屈指のグルメスポットと言っても過言ではなりません。

なので、ぶっちゃけ秋葉原の記事とかチョロいんですけど、あえて言おう!

「新しく出来たチェーン店には興味がねぇ!」

あくまでも筆者(YELLOW)の個人的な見解ですが、チェーン店なんか紹介してドヤってる場合じゃありません。

むしろ、失われつつある“古き良き秋葉原”を掘り下げてナンボと思っています。

確かに“大手チェーン店=大資本”なので、そういう記事はそこら辺の一流ライターさんが書けばよいのです。

筆者のようなライターは、身の丈に合った店を書くのがお似合いではないでしょうか?

1959年創業!『かんだ食堂』

「アキバの老舗」

って自ら書いちゃうのは如何なモノかと存じますが、いわゆる“神田青果市場時代”から続く秋葉原の名店で御座います。その頃から続くポリシーの中に

「忙しい人のために、料理は素早く提供すべし!」

みたいな鉄の掟があり、とにかく料理が出て来るのが速いです。速いというか一部の料理は調理して皿に盛られて待機しています。

スタッフも全員がベテラン勢で固められ、まさに日本のファーストフード的な何かを昔から実践している『かんだ食堂』で御座います。

『カツカレー』を所望する!

ちなみにガジェット通信の“秋葉原制覇”はカレーから制覇しようみたいな勢いなので、ここはひとまず『カツカレー』(770円)を頂くことにします。

しかも!

この日は『カツカレー』と『豚生姜焼』がサービス価格で提供されていたので、ちょいちょい嬉しくなった筆者です。

卓上調味料なども必要最低限にシンプルにまとまられていますね。

そしてオーダーして2分ほどで筆者の『カツカレー』(サービス価格670円)が運ばれて来ました。

秋葉原で伝説の『カツカレー』を食す!

恐らく秋葉原で一番多く食べられて来た『かんだ食堂』の『カツカレー』の勇姿が今ココに!

と、言う程の感動のないビジュアルですが、まあ定食屋さん、もとい食堂の『カツカレー』ってのは、往々にしてこんな感じかと存じます。

このダイナミックに突き刺さったスプーンの角度が、いかにも江戸っ子ですね。お洒落な店でコレだとドン引きですが、下町の食堂ならコレが正解かと存じます。

そこそこ厚いロースカツ

オーダーしてから2分で運ばれる時点で周知の事実ですが、あえて言おう!

「トンカツは揚げたてではない!」

しかし!

お昼のコアタイムともなると回転の速い店なので、さしてトンカツも冷めてないので許容範囲で御座います。

油はしっかり切っているので衣はサクサクのままですし、筆者的にはディスる要素は皆無です。

昔懐かしい黄色いカレーが郷愁を誘う件

今となっては絶滅危惧種の“黄色いカレー”に近いモノがありますね。

若干、オリジナル(業務用)よりも色付いている感はありますが、モタっとした食感と、ノースパイスな感じは非常に近いと思われます。

オリエンタルなカレーではなく、あくまでもジャパニーズカレーの王道は、こんな感じのカレーではないでしょうか?

ライスの盛りも豪快である!

グラフィック的には掴めませんが、何気にライスのボリュームは有りますね。これなら市場で働く人の胃袋も満足させる事が出来ると思います。

しかも!

『カツカレー』の定番とも言える“大盛り”にも対応しているので、食に自信がある人は大盛りを食べた方が幸せになれる予感です。

ご馳走様でした!

『かんだ食堂』 総評

まさに“トンカツ、カレー、ライス”が三位一体となった『かんだ食堂』の『カツカレー』でした。

とにかく突出した旨さではないのですが、やはり『カツカレー』というメニューのバランスを考えた場合、それぞれが強調し過ぎずに調和する味を出すってのは、素晴らしい事だと思います。まさに

「オーセンティックな秋葉原のカツカレー」

と呼ぶに相応しい一品ではないでしょうか? この素晴らしい『カツカレー』がいつまでも食べられる事を願う筆者で御座います。

ちなみに『かんだ食堂』は他にも美味しいメニューが揃っているので、この記事が『Twitter』で100RT、もしくは『Facebook』で100超えたなら、それら残りのメニューも紹介して行こうと思います。

それでは、是非みなさんも秋葉原にお越しの際には、この『かんだ食堂』で美味しいランチを楽しんでみて下さい。

『かんだ食堂』

住所:東京都千代田区外神田4-4-9 角豊前川ビル1F

営業時間 月~金 11:00~15:30 17:00~22:30
     土   11:00~18:00 

定休日:日曜祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP