体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】1959年創業!今も変わらない伝説のカツカレーを食す! @『かんだ食堂』

kanda-shoku018_R

ガジェット通信がオフィスを構える秋葉原の”食の充実っぷり”はパネェ感じで御座います。特にここ数年は圧倒的とも言える新店ラッシュで、都内でも屈指のグルメスポットと言っても過言ではなりません。

なので、ぶっちゃけ秋葉原の記事とかチョロいんですけど、あえて言おう!

「新しく出来たチェーン店には興味がねぇ!」

あくまでも筆者(YELLOW)の個人的な見解ですが、チェーン店なんか紹介してドヤってる場合じゃありません。

むしろ、失われつつある“古き良き秋葉原”を掘り下げてナンボと思っています。

確かに“大手チェーン店=大資本”なので、そういう記事はそこら辺の一流ライターさんが書けばよいのです。

筆者のようなライターは、身の丈に合った店を書くのがお似合いではないでしょうか?

1959年創業!『かんだ食堂』

kanda-shoku017_R

「アキバの老舗」

って自ら書いちゃうのは如何なモノかと存じますが、いわゆる“神田青果市場時代”から続く秋葉原の名店で御座います。その頃から続くポリシーの中に

「忙しい人のために、料理は素早く提供すべし!」

みたいな鉄の掟があり、とにかく料理が出て来るのが速いです。速いというか一部の料理は調理して皿に盛られて待機しています。

kanda-shoku002_R

スタッフも全員がベテラン勢で固められ、まさに日本のファーストフード的な何かを昔から実践している『かんだ食堂』で御座います。

『カツカレー』を所望する!

kanda-shoku003_R

ちなみにガジェット通信の“秋葉原制覇”はカレーから制覇しようみたいな勢いなので、ここはひとまず『カツカレー』(770円)を頂くことにします。

kanda-shoku004_R

しかも!

この日は『カツカレー』と『豚生姜焼』がサービス価格で提供されていたので、ちょいちょい嬉しくなった筆者です。

kanda-shoku001_R

卓上調味料なども必要最低限にシンプルにまとまられていますね。

kanda-shoku006_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。