体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LCCで気軽にフィリピンの旅はいかが? ~交通編~

01-2016-04-11 06.27.26_R

東南アジアの観光地と問えば台湾やタイ、シンガポールや香港が定番と言える目的地だ。
多くの人が訪問すれば団体旅行での運賃単価が下がり、さらに行きやすくなることは資本主義の摂理と言えよう。
しかしLCC(ローコストキャリア)の登場からしばらくたち、どこへ行っても大した違いはない運賃になってきている。

そこで、ジェットスタージャパンとフィリピン政府の協力を得て、マニラとその周辺を回ってきたので、交通編・観光編・宿泊編とカテゴリー別にレポートする。
フィリピンはセブ島など著名な観光地はある。しかし、治安の不安や昔からのイメージが先行し、他の定番国と比較して日本人観光客が少ないのが現状だ。
そんなこともあって、あえてフィリピンに行き、観光ガイドブックに載っていないことも含めてレポートする。

本稿は主に交通機関に関する事項ついて記述することにする。

02-2016-04-07 16.19.18_R

成田空港第3ターミナルはLCC専用のターミナルで、国内線・国際線という区分はしていない珍しいターミナルと言えよう。
リムジンバスで第3ターミナルに着くと、ターミナルから少し離れたバス停に着く。
ターミナル間のシャトルバスのみが、第3ターミナルの建物の目の前で乗降できる。
これは、ターミナルそのものが保安区域内にあるためで、一般車両はもちろん路線バスですら入ることができない。
したがって、鉄道やリムジンバスで到着しても第2ターミナルや第1ターミナルからシャトルバスに乗るというのが、一番楽な方法と言える。

03-2016-04-07 16.21.13_R

いいように言えば無駄のない、悪く言うと倉庫のようなターミナルは、必要最低限の施設しかない。
チェックインを済ませたら、国際線の保安検査場に進めば、税関、出国審査とベルトコンベアーのように流れていく。

04-2016-04-07 17.48.24_R

LCCは預託手荷物にすると別料金がかかる。ジェットスターの場合はハンドキャリー(機内持ち込み手荷物)ですら7キログラムの制限がある。
今回は報道関係者向けの渡航であったために、20キログラムまでの預託手荷物を預けることができた。
このへんのシビアさがLCCたるゆえんである。

05-2016-04-07 18.01.42_R

記者はGK41便に搭乗した。
ほぼ満席のフライトだと聞いていたが、ジェットスターのマニラ便には他の国際線と若干違う趣がある。

06-2016-04-07 18.23.54_R

それは、旅客の大半が日本人ではなくフィリピン人なので、日本での出入国審査もフィリピンでの出入国審査も、日本人が少ないためにほぼ並ばずに通過できるという初めての経験だった。
例えば成田の場合、日本の空港なので日本人が大半を占めるのが通常だ。日本人の出国なので外国人よりも幾分スムーズとはいえ、そもそも日本人の数が少ないのでレーンは閑散としている。
これはフィリピンでも同様だった。

07-2016-04-07 18.56.55_R

第3ターミナルには小規模ではあるが、出国エリアではひと通りの免税店はある。ただし、飲食店は1か所しかない。
飲食店や自動販売機は免税の手続きを取っていないのか、きっちり消費税を払うことになる。
LCCは機内での飲み物は有料なので、出国前にコンビニで買っておこうとする人がいるが、残念ながら出国する前に飲み物は機内持ち込み手荷物に入れることはできない。したがって用意周到に買ってきたペットボトルや缶入りの飲料は保安検査場で飲み切るか、放棄するしかない。
どうしても欲しい場合は、出国エリア内の自販機で買うしかない。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。