ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まぜ麺初心者に超オススメ!『ABURASSO』を食す! @『最強ラーメンFes,』町田

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

全精力を賭けて個人的にクローズアップしている『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』ですが、その中でも気になる存在の店があります。

本来は公平に書くべきですが、より多くの人に“油そば”の美味しさを知って欲しいので、個人的にイチオシな店として紹介してみましょう。

『BASSOドリルマン』

ラーメン、つけ麺に限らず“油そば”みたいな混ぜ系も好きな筆者です。なので以前から『BASSOドリルマン』は食べたいと思っていました。

そんな気になる店が向こうから町田市のシバヒロまで来てくれたのですから、これは食べざるを得ない案件で御座います。

『ABURASSO』を食す!

というわけで、念願の『ABURASSO』と御対面です。

ん~、いいですね~。

フェス用の使い捨て容器というハンデがあるにも関わらず、期待通りの盛り付けです。このビジュアルが”油そば”の進化形って感じで非常にモチベーションが高まります。

しかも!

個人的に注目したのは”生タマネギの微塵切り”で御座います。

食感も意識した大きさで微塵切りにしてあり、この存在が非常にデカいことを知っている筆者は感動しました。

まず、そこは長ネギあるから必要ないだろうと思った人は甘いですね。

生タマネギには脂をイイ感じに中和してくれる効果があるので、ラーメンに入れるとラードを中和しつつ、しかも生タマネギ自体も美味しくなるという、相乗効果が生まれるのです。

この『ABURASSO』に“生タマネギの微塵切り”を入れた『BASSOドリルマン』は分かってらっしゃいますね。

メンマもイイ感じで写真を見ていても唾液が出て来ます。

最初から混ぜてあるので食べやすい!

あと細かい事ですが、この『ABURASSO』は丼に盛られる前に、ボールでタレと麺を混ぜているので、味にムラがないのも素敵です。

勿論、混ぜ方で味が変わるのも変化があって良いのですが、初めて食べる人には難しいし、マニア以外は最初から混ぜてあった方が嬉しいと思いますね。

圧倒的なチャーシューの旨さ!

ラーメンに比べてスープがないので、より“具材”の美味しさが気になる“混ぜそば系”ですが、この『ABURASSO』のチャーシューはキテます。

もの凄い手間が掛かりますが、都度“七厘の炭火”で焼いて香ばしさを出し余分な脂も微妙に落としています。

言うまでもなく混ぜそば系は冷めると豚の脂、いわゆるラードが固まってきて食感が重くなりがちです。

なので脂の少ないチャーシューを使ったり、短冊切りにして誤魔化しているのですが、この『BASSOドリルマン』は手間を惜しまず、チャーシューを炙る事で問題を解決しています。

そこにピリ辛のタレと麺を合わせ、さらに多くの具材を混ぜる事で混沌としながらも一体感のある『ABURASSO』が完成します。

ちなみに辛さは控え目なので子供でも大丈夫だと付け加えておきましょう。

あと酢があったら一回しだけかけてみるのもオススメです。より脂っぽさが消えて食べやすくなります。まあ、言うほど脂っぽくはないんですけどね。

『ABURASSO』 総評

いかんせん“油そば”というネーミングだと脂っぽいイメージですが、実際にはコテコテのラーメンよりは全体的な脂の量は少な目で御座います。ここら辺のイメージを覆したい筆者ですので、今回の『ABURASSO』はパワープッシュする次第です。

特に「油そばって何?」みたいな初めての人にこそ、この『ABURASSO』は食べて頂きたいですね。

ピリ辛のタレをまとったストレート麺はビールにも最高に合うので、酒のツマミとしてもベストです。会場にはアルコールも販売しているので、是非とも合わせて味わって欲しいですね。

「第一陣で一番ビールに合うのは間違いない!」と締めくくっておきましょう。

それでは、是非みなさんも『ABURASSO』を食べてみて下さい。つけ麺でもラーメンでも無いジャンルに目覚めると思いますよ。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP