体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガジェット通信Androidアプリの作り方 第4回:アプリを『Androidマーケット』へ公開

ガジェット通信Androidアプリの作り方 第4回:アプリを『Androidマーケット』へ公開

ガジェット通信の最新記事を読めるAndroidアプリ『ガジェット通信 Getnews Reader』を開発いただいた、アンドロイド記者のnayutanoutyuさん連載第4回。「Androidアプリってどうやって作るの?」「これからAndroidアプリを開発してみたい!」という読者に向けて、nayutanoutyuさんにアプリ開発の一連の流れを全4回の記事で解説いただきます。最終回は、アプリを『Androidマーケット』へ公開する手順について。全4回を読むことで、アプリ開発から公開までの一連の流れを理解いただけると思います。

第1回:開発環境のセットアップ
http://getnews.jp/archives/132193[リンク]

第2回:「Hello World」とAndroidアプリ開発の基本
http://getnews.jp/archives/132376[リンク]

第3回:ガジェ通アプリの開発
http://getnews.jp/archives/133048[リンク]

第4回:アプリを『Androidマーケット』へ公開

今回は、開発したアプリの『Android マーケット』への公開方法について説明させて頂きます。Androidアプリは、Googleの審査を受けないとアップロードできないものではありません。つまりAndroidアプリは、Googleの『Android マーケット』以外のアプリストアでも公開することができます。しかしながら、『Androidマーケット』からアプリをダウンロードして利用することは一般的で、ここでアプリを公開することでより多くのAndroid端末ユーザに利用してもらえる機会を得ることができるでしょう。

Google アカウントの作成

Android Market Publisher Site

アプリを『Android』マーケットに公開するには、Googleアカウントが必須です。もし、まだ Googleアカウントを持っていなければ『Android Market Publisher Site』から作成を始めるといいでしょう。

Android Market Publisher Site
https://market.android.com/publish[リンク]

アカウント作成のページでは、メールアドレスが必要です。『Gmail』のアドレスで問題ありません。『Gmail』のアドレスが必要な場合は、『Gmail』のページからアカウントを作成した方がいいかもしれません。

アカウント作成完了

アカウントの作成が完了すると、ページの下側に「続けるにはここをクリックしてください」とリンクが表示されます。このリンクをクリックするとデベロッパー登録ページに移動します。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会