ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ドローンに新風】プロペラが露出しない球形「Fleye」は怪我の心配なし!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Fleye

ドローンをより安全で楽しいものに。そうした視点で開発された「Fleye」が、クラウドファンディングサイトKickstarterで人気を博している。

というのも、Fleyeは球形というこれまでにないデザイン。プロペラが露出していないので安心して操作できる。

・プロペラの上にカバー

ドローンというと、ヘリコプターのような形状でプロペラが4つついたクアッドコプターがほとんど。そんな中、Fleyeはややいびつな球形をしていて、プロペラは上部に1つだけ。

Fleye2

プロペラの上からは扇風機のようにカバーが付いているので、指などが直接プロペラに触れることはなく安全が確保できる。

大きさはサッカーボールほどで、直径は最長23センチ、重さは450グラムとなっている。

・空中でバウンスも!

プロペラが露出していないということは、安全が確保できる上、従来タイプにみられるようにプロペラが木や壁などに接触して航行が難しくなるといったことがない。

Fleye4

むしろ、このFleyeはタッチして楽しむことができる。どんな楽しみ方があるのかというと、ボールを地面でバウンスさせるような感覚で、中に浮くFleyeを横から押す。するとバウンスするようにFleyeが押した側に戻ってくるという“空中手毬”ができるのだ。

もちろん、他のドローンのように、専用アプリをダウンロードしたスマホで自由な操縦を楽しみ、搭載するHDカメラで景色などを撮影することも可能。

Fleye5

各種センサーを内蔵しているので、衝突を回避しながら自律飛行ができるのも特徴だろう。最大速度は時速15キロ、1回の充電で10分飛行できる。

この新タイプのドローン、Kickstarterでは“注文”が殺到中で、おトクなパッケージは完売が出始めている。現在は699ユーロ(約9万3000円)〜となっている。出資期限は1月15日。

Fleye/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。