体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

相模原で一番美味しいと言われるカレーを食べてみた @『マボロシ』神奈川県相模原市

mabo-chiki2_R

最近、真摯にカレーと言うメニューに向き合っている筆者ですが、何気に地元でカレーの名店と呼ばれる

『マボロシ』

に行った事が有りませんでした。いや、厳密には何度も行っているのですが、意外と休みが多いってか臨時休業的な何かにヤラれてしまいがちな筆者で御座います。

と、言う訳で『マボロシ』のTwitterアカウントをフォローして、臨時休業に関する情報を逃さないという、ある意味「今更か?」みたいな対策を講じて、カレーの店『マボロシ』で食べて来ました。

『カラッタカレー』の継承者である!

mabo-chiki13_R

まず、そもそもが『カラッタカレー』を知らない筆者ですが、何気に相模原でコアなカレーマニアを唸らせる、ファンタスティックなカレーを提供していたらしいです。

そして、その味に惚れた店主が味を継承してオープンしたのが、この『マボロシ』なのです。

「で?」って言う突っ込みは甘んじて受けますが、まあ店主のカレーに対するパッションが伝われば幸いで御座います。

レトロな雰囲気の『マボロシ』

mabo-chiki15_R

『マボロシ』の店内はこんな感じです。本格的なカレーなので、もっとエスニックなイメージを抱いて訪れた筆者ですが、逆にこちらの方が筆者的には落ち着くインテリアだと言っておきましょう。

mabo-chiki16_R

あと、漫画とか沢山あるので待ち時間も余裕です。

『マボロシ』はオーダーが入る度に、スパイスを炒めて作る店なので、ちょいちょい提供には時間が掛かりますが、そこは漫画でカバー出来ます。

『チキンカレー』(大盛り)を所望する!

mabo-chiki3_R

本当は『キーマカレー』が食べたかったのですが、この日はメニューに無かったので別なカレーを模索します。

と、言う訳でカレーを追及する筆者的には『チキンカレー』(900円)を大盛り(プラス100円)で食べるのが正解かと存じます。

『チキンカレー』を食す!

mabo-chiki8_R

かなりシャレオツ感のある『チキンカレー』が運ばれて来ました。こんなオシャレなカレーを坊主頭の筆者が食べて良いのでしょうか?

そんな疑問は残りますが、とにかくカレーの味を確かめてみましょう。

mabo-chiki7_R

むむ!

とりあえずスパイス感も満点ですが、何気に”生姜”と言うかジンジャー感が半端ないですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。