体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【デカ盛り】大人のオムライスを食べてみた @『焼肉はせ川』小田急相模原

hase-oto10_R

今、日本で一番注目されている焼肉屋さんと言えば、小田急相模原(オダサガ)が誇る

『焼肉はせ川』(超絶完全予約制)

で間違いないでしょう。圧倒的な肉の美味しさと絶望的なサイドメニューのボリュームは、色々な意味で目が離せません。

というわけで、今回も『焼肉はせ川』で繰り広げられる日常の一部をお送りしたいと思います。

『焼肉はせ川』は焼肉屋さんである!

hase-oto20_R

希に忘れてしまいそうになりますが、この『焼肉はせ川』は焼肉屋さんなので、必ず肉を焼きましょう。

hase-oto25_R

むしろ『焼肉はせ川』に来て国産高級和牛(A5ランク)を食べないとか有り得ません。

hase-oto21_R

国産高級和牛がこのボリュームで一皿1280~1580円で食べられる奇跡がそこにあります。

牛タンを食べ比べてみた

hase-oto28_R

常に『焼肉はせ川』に訪れる時は”お題目”を決めて挑むのですが、この日のテーマはズバリ

「牛タン食べ比べ」

という贅沢なテーマがありました。どちらの牛タンが美味しいのか勝負というわけです。

hase-oto24_R

ちなみに”上牛タン”と”並牛タン”の違いを、みなさんは知っているでしょうか?

「肉質の良い方が上だべ?」

と、一般的には認知されていますが、それは孔明の罠です。

hase-oto23_R

厳密には舌の先端の方が”並牛タン”(タン先)で、根本の方のサシ(脂)が良く入っている方が”上牛タン”(タン元)となっております。

もっとも、中間辺りの”タン中”(クラウンカット)はどっちなんだよって話もありますが、基本的には”上牛タン”と言えば舌の根本、すなわち”タン元”を指します。

しかし!

どちらが美味しいのかと言うテーマで挑んだものの、結果から言うと

「どちらもブチ美味しい!」

みたいな答えに辿り着きました。是非、みなさんも『焼肉はせ川』で食べ比べてみて下さい。

真の肉好きはラム焼き

hase-oto30_R

そして!

この日は珍しく”ラム肉”があるのを筆者は見逃しませんでした。

hase-oto22_R

羊と言うとクセのあるイメージですが、子羊の”ラム肉”であればそうでもありません。

昔、コンビニでは良く”ジンギスカン”と称して、羊肉の焼肉的な奴がタレに浸かって売られていました。

牛肉や豚肉を買うお金が無かった中学生時代は、バーベキューと言えば、この安い”ジンギスカン”だった気がします。

hase-oto27_R

それに比べて、この『焼肉はせ川』のラム肉の美味しさよ… 30年前の俺に喰わせてやりたい衝動に駆られます。

これは是非ともレギュラーメニューにして欲しい案件ですね。

『焼肉はせ川』と言えばポテサラ必須!

hase-oto26_R

基本、この『焼肉はせ川』のサラダ系は盛りがヤヴァイ系なので、ちょっとだけ野菜を欲した時は”キャベツサラダ”か”ポテトサラダ”の二択で御座います。

ポテトサラダは大抵、2種類のポティトゥサラダが盛られるので、ポテサラマニアには堪りません。

『焼肉はせ川』で馬の握り寿司を食す!

hase-oto15_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy