体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2015年現在の”矢部~淵野辺駅区間”を写真でまとめてみた

DSCF9940_R

世間的に需要があるか微妙、むしろ「大丈夫か俺?」みたいなネタですが、今回はマニアックな

「現在の矢部~淵野辺駅区間」

みたいな感じの記事で御座います。こんなマイナーな地域の記事を書いた所で誰得なのかって話ですが、個人的には

「麻布大学や桜美林大学の卒業生が歓喜する」

ってくらいの、ピンポイントな需要は見込めると思った次第です。

かつて通った母校周辺がどうなったのかは誰もが気になると思われるので、たまにはこんな記事も有りかと存じます。

全部を語ると長いので写真を中心にザクっとまとめてみました。

『麻布大学正面』

DSCF9850_R

そもそもが、さして麻布大学に縁がない筆者で御座います。

なので、この写真が正門なのかどうかすら怪しいのですが、なんとなく撮ってみました。

ちなみに2015年10月24日の大学祭では『sukekiyo』のライブが有り、最寄り駅の矢部駅が”黒い服のバンギャで染まる”と言う珍事が発生しましたが、特に混乱もなくライブは成功した模様です。

自由を尊ぶ某大学が”メタル禁止”と特定の音楽ジャンルを差別する傍ら、お堅いイメージの麻布大学が『sukekiyo』を呼ぶとかシュールで良いですね。

『矢部駅踏切跡地』

DSCF9854_R

かつて線路を渡る人達で微妙に渋滞した踏切は数年前に閉鎖され、今は代わりに地下道が整備されました。

昔のちょっとした”歩行者による踏み切り渋滞”が懐かしいですね。

DSCF9858_R

ちなみに反対側にある『レストラン ヒロ』は今も健在です。

『スーパー オオゼキ』

DSCF9862_R

こちらも未だに元気です。

相模原にも『OKストア』が進出し、かつての『スーパー三和』は同系列の『フードワン』になりました。

矢部周辺も”スーパーマーケット激戦区”となり、かなり厳しい環境ではありますが、今でも矢部住人の愛する”地元密着型スーパーマーケット”として、日常生活を支えてくれています。

『喫茶ノア&高千穂』

DSCF9870_R

『喫茶ノア』と『高千穂』も今は閉店してしまいした。

筆者も何度か『高千穂』のラーメンを食べましたが、あのラーメンが食べられないのは寂しい限りです。

『コガネちゃん弁当』

DSCF9874_R

筆者も通う地元のお弁当屋さんです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会