ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】 瀬戸内の離島で人気急上昇 ご当地新グルメ「レモンポーク丼」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


愛媛県上島町は、町内になんと信号機が1つもない、自然豊かなすべて離島(有人島7・無人島18)というエリア。その1つ、岩城島(いわぎじま)は“青いレモンの島”といわれるほど、レモンの産地として知られる。
その上島町で今、新たなご当地グルメ「レモンポーク」を求め、本州や四国から観光客が続々と足を運んでいる。
 

レモンポークは、岩城島産のレモンの絞りかすを飼料に育つ豚のことをさす。2009年4月には「東京都食肉産業展・豚肉部門」で最優秀賞を受賞した実績も。肉質がやわらかく、脂身も甘いと評判が広がり、町内を中心に20軒以上の食堂などでレモンポークを使ったメニューが味わえる。
特におすすめは「レモンポーク丼」だ。岩城島で3軒、弓削島で2軒が、レモンポークを使った豚丼を提供している。こだわりの自家製タレを使ったり、とろろと温泉卵をのせたりと、店ごとに個性豊かな味付けがされ、食べ比べも楽しい。

上島町、岩城島にはほかにも、レモンを使ったさまざまなグルメがある。レモンとバターをたっぷり使い、英国で定番のジャム・レモンカードをつかった「れもんは~と」、レモン果汁を使い、1つずつ食品が手作りで焼き上げた香り豊かな「レモンケーキ」など、お土産にもおすすめだ。
いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/
(Written by Aki Shikama)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【えひめ最新レポ】 日本最大級! 西条発 食べたら福が来る巨大「柿」
【えひめ最新レポ】O級グルメと「アマゴのさつま」 大洲のご当地グルメが熱い
【韓国リポート】国際問題なんて関係ない?韓国の「日本食」は年々拡大

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP