体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『facebook』の古い悪習に僕らがNo! と言う理由

しっぽのブログ

今回は尾野政樹さんのブログ『しっぽのブログ』から許可を得て転載させていただきました(編集部注:一部省略しております)。

『facebook』の古い悪習に僕らがNo! と言う理由
『facebook』が、実名っぽくない人のアカウントを停止 *1 していてちょっと話題になっている。

*1:「Facebook、春の垢BAN祭りが始まったよ!」 『togetter』
http://togetter.com/li/98417

日本の一般ユーザーのハンドルネームと、『facebook』の実名主義とについてちょっと書いてみるよ。日本は匿名主義だから、実名主義はそぐわないというのは、随分議論された話だ。でも、僕が主張したいのはそうじゃない。まず日本は匿名主義ではなく通名主義だ(そもそも、匿名掲示板というのは今や海外にも巨大なものがあるし、それは日本での使われ方とほぼ同じでしょ)。そして「実名主義は日本にそぐわない」ではなく「実名主義は僕らが勝ち得た権利を台無しにするので反対するべきだ」ということだ。

海の向こうから『facebook』が来る前から、日本で実名主義議論は何度も語りつくされてきた。
『1ch.tv』をつくった清水康司氏から、最近では勝間和代氏が実名主義を主張した(ちなみに『1ch.tv』は消滅し、勝間和代氏は最近この問題についてはトーンダウンしているかも)。
彼ら彼女らはたぶん善意からこういった主張をしていて、その気持ちは分からないことでもない。でもしっかり議論すれば、匿名・通名主義は、自身のアイデンティティをどう扱えるかという“自由”の問題であることが分かる。

実名主義は実名しか認めない。匿名・通名主義は、実名を使うかどうか選択の権利が与えられる。正しい議論ができるとか誹謗(ひぼう)中傷が減るとか、確かにいい話ではあるが、インターネットからこの自由を奪いとってまですることではない。

実名にはセキュリティ的な問題もある。ネットストーカーは日本では大きな問題とされるし、みんなプライバシーにも敏感だ。自分の個人情報をネットに書き込まないように、と教える学校もある。自分で自分の身を守ることができるか、そのリスクを負えるかどうかを判断して、実名を選択できる。この自由は幾度となくはく奪の危機にあったけども、何とか乗り切ることができた(韓国や中国 *4 みたいになっていた可能性だってあった)。僕たちがインターネット上で勝ち取った権利だ。

4:「韓国は「インターネット監視国」、北朝鮮、中国は「インターネットの敵」」 2010/03/14 『Searchina』
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0314&f=national_0314_004.shtml

ところが、そこへ海外から来た黒船は、江戸時代にもたらしたような新しいものではなく、過ぎ去ったはずの古い風習を持ち込んできた。『facebook』は「実名だから信頼できる」とうたっているようだが、このうたい文句は、代理店など企業に対してのメリットを説明したものだ。
ユーザーにとっては“実名だから危険”なサービスだ。今のところ利用層や人数の関係上あまり問題になっていないが、『mixi』や『モバゲー』が通ってきた問題を起こすことは想像に難くないだろう(はっきり言って何の対策もしていないしね)。それ以上に、僕らの自由とか権利とか、概念的な物を脅かす可能性がある。

重要なことだけど、『facebook』には責任がある
「“facebook”のサービスなんだから実名主義はfacebookの勝手だ」という意見もあるだろうけど、1つ想像してみてほしい。例えば『Google』が、何かevilな……例えば、検索結果に対して、お金を払った企業にとって有利な検閲をかけるとしよう。「まあ“Google”の勝手だから仕方ないね、他を使うよ」とあっさり対応するわけにはいかないほど、『Google』はインターネットそのものに大きく食い込みすぎている。大きな力を持つものは、それに責任が発生する。そして『facebook』は世界では既にその責任を発生させているし、日本でもそうなる立場を狙えるかもしれない。

念のため書いておくと、僕は『facebook』のシステム的な部分は好きだし、技術的には感動も覚える。個人ユーザーとして見れば、最先端が惜しげもなくつぎ込まれた素晴らしいサービスだし、クリエイターとして見れば、可能性のある大きなプラットフォームだ。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会