体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイナー避難所の支援方法

マイナー避難所の支援方法

マイナー避難所の支援方法について、早稲田大学大学院商学研究科専任講師、西條剛央さんよりご寄稿いただきましたので、掲載します。文中太字はガジェ通深水がおこないました。

【東北の津波主被災地のマイナー避難所の支援方法】

●1)まず現場で「今」求められているであろう支援物資を集めます→http://p.tl/mLiX

●2)現地にバンか何かに搭載して自力でもっていきます(大きな行政を介せば介すほど末端には届きません)。

そのとき支援チームに、ある程度土地勘のある人がいた方がベターです(僕の場合は父が宮城県の道はほとんど知っている、そして昨日は三浦さん)。というのも普通の道がなくなっていたりするのでナビがあまり役に立たないからです。

父はパソコンとかはまったくできないのですが、僕らがない能力(土地勘、訛り、人脈)をもっていました。多様な人材でチームを組んだ方がよいです。北川さんは旧ソ連特殊部隊で採用されていたシステマのインストラクターなので万が一何かあっても大丈夫という安心感がありました。

地元的な人を一人チームに入れるのはコツです。これはMBAでは認められないかもしれないけど、田舎でスムーズに受け入れてもらえるためにはかなり重要なことです。

誤解があったようなので補足すると、南三陸町の役場では「トップと若い人は一部だけ生き残ったけど(屋上の柱にしがみついてどうにか助かった)、そこをつなぐ中間の実質的なマネジメント力を発揮する人が死んでしまった」と地元の人がいっていました。つまりほとんどの人がなくなったのです。

だから余計役所は機能しないのです。しかも未曾有の災害です。何をすべきか、何をしたらよいかわからないのです。それはボランティアも同じです。だから、想像力と頭を働かせて、行動して柔軟に進めていかなければならないのです。

●3)現地に着いたらこの人は良いひとそうだなと思う人に話しかけてみましょう。それでとにかく「現地の生の情報」を集めるのです。それはテレビにもネットにも載っていません。父はすぐ話しかけていました。都会と違って田舎の人はそれが普通です。

●4)世話好きそうな人がいたら、事情を話して各避難所(特に物資が行き届いていないところ)を案内して貰えうのが一番の近道です。道にも迷わないですし、知人が必ずいるので警戒心もなく受け入れてもらえます。

●5)その辺一帯の本部(主避難所)を活用する方法。まずそこに支援物資を届けにきましたとはいわない方がよいです。足りてますからと追い返されます。

●6)。あ、その辺一帯の本部(主避難所)を活用する方法を話していなかった。まず本部で「親戚がこの辺の避難所にいるのはわかっているんですが、どこかわからないので、各避難所が書いてある地図をもらえませんか」と聞きます。

●7)できれば、案内してくれる人をつかまえられるといいです。地位はなくとも地元で信頼されている人がベスト(例、南三陸町の三浦さん)。次には「役所」に毒されていない10代後半から20代の若い人。柔軟だしメールやパソコンのリテラシーが高い。

●8)若い人がキーマンになります。今回雄勝でキーマンになってもらったのは高校生でした。「行政を通すと==ということになるから、君がここの窓口になってね」といったら、「はい、わかりました」と。

●9)要するに現地の一つの避難所で、純朴で(こういう人は東北人に多いからふつうそうです)柔軟に動いてくれる人とネットワークをつくれれば、その後の支援がかなりやりやすくなります。友達になってその人を媒介にあらゆる支援をすればよいのです。

●10)顔や雰囲気をみて判断しましょう。暗い感じの人はダメです。エネルギー低いのでネガティブな反応が多いです。リーダーは信頼されている人か、疲れ切っている人ですが、後者の場合は効果的な支援はできません。明るい雰囲気の人、目尻のしわが深い人がよいです。
案内してくれる人、もしくは地図を頼りに物資をもって避難所にいきます。そこで「こういうのがあるので必要なものがあれば必要な分だけもっていってください」といいます。するとみんな大喜びでもっていきます。
必ずしも避難所のトップを介さなくてもいいです。一人の人間が一人の人間に対して、「欲しいものがあれば使ってください」というだけです。できるだけ組織構造をシンプルにすること。それが機能的な組織の条件。これはドラッカーが言っていることです。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。